料金計器の不正使用

仰天!送っていない書留を送ったことにされた!?

今からさかのぼること凡そ15年前、1997年(平成9年)の出来事…

 送った覚えのない書留郵便が、偽造されて送ったことにされ、それが裁判上の証拠として提出された…

東京の、ある大手特許法律事務所が、

依頼者(発明家・臼井芳雄さん)が、「送っていない書留」を「送った」ことにするため、なんと、書留郵便物を偽造し、それを裁判の証拠用として利用した!?

この偽造された書留について、当時、関与していた人物が、なんと、現在、大阪都構想に関係している有名な〇下氏であるという。

発明家の臼井氏によると、

この偽造された書留について、当時、これに関与していた〇下弁護士は、偽造された書留について、臼井氏が追完したから問題はないとし、しかも、これについて〇下弁護士は、

「俺は、臼井氏を論破した。」と、言って握りつぶしたという。

これに対し、納得できないのは臼井氏の方だ。

                   **********

ここで法律について述べておこう。

追完も、追認とほぼ同義語であること。

民事訴訟法97条1項には、下記のように定めている。

 

第97条 当事者がその責めに帰することができない事由により不変期間を遵守することができなかった場合には、その事由が消滅した後1週間以内に限り、不変期間内にすべき訴訟行為の追完をすることができる。ただし、外国に在る当事者については、この期間は、2月とする。

法律で言う、追完(追認)とは、本人が追って認めれば、その効力は有効であるということになるのが、追完(追認)である。

これを、「任意規定」という。

対して、

追完にしろ、追認にしろ、本人の意思にかかわらず絶対に許されない行為がある。

これを、「強行規定」という。

法律には、「任意規定」と「強行規定」が存在する。

民法(私法)や、民事訴訟法は、任意規定がほとんどである。

刑法は、当然、強行規定である。

また、条文や、事案の背景によって、強行規定と任意規定が混在する場合もあり、このような場合を、片面強行規定とか、片面任意規定という。

郵便物を不正に操作したり、まして郵便物を偽造するなどの行為は、全ての国民の信書にかかわる信用性を大きく損なう行為であることから、公益にかかわるものであり、許されない。

このようなことから、郵便法という法律が存在するのである。

従って、郵便法違反行為は強行規定であり、問答無用でその行為が無効となる。

                   **********

さて、本題に戻って、

差出していない郵便物を、偽造して、差出したことにするという行為は、郵便法違反はもとより、公文書(封筒)の偽造であって、これを「追完」すれば罪に問われないという、〇下弁護士の発言は、法律家としての資質を問われるものであって、まして、これらの発言を「論破した。」というのはどう考えても世の失笑を買う発言である。

そして最も重要なことは、〇下弁護士自身が、偽造した郵便物に対して、わざわざ、「追完した。」という発言をしていることそのものが、逆に偽造を認めたと捉えて何ら不思議ではないということだ。

この発言は、偽造であるという事実を知っている者だけが、それを隠そうとするあまり、「追完」という発言が、つい、でてしまった…ということに他ならないように思う。

                   **********

Cimg2930Cimg2932Cimg2938_2Cimg2932_5

Cimg2933_4Cimg2934_4                                                                         

Cimg2934_3                   
Cimg2934_2

 

Cimg2935←裁判の証拠説明書に記載されている、甲19号証が問題の封筒。

その上の甲18号証は、問題の封筒に入っていた委任状。

中身の委任状の日付は2月5日、封筒の消印は2月4日であるが、このあ         たりは、さほど問題とされないかもしれない。 しかし、一方で、偽装工作したからこそ、齟齬をきたしたのかもしれない。

eyesweat01詳細は、画像にてどうぞdown

http://www.ustream.tv/recorded/20086145

それにしても、臼井氏の裁判は、臼井氏が差出していない書留郵便物を、差出したことにしなければならない理由があったからこそ、わざわざ郵便物を偽造したのであろう。

                                              
    

                             

 

| | コメント (2)

差出し元を偽装するために…

danger重要追加事項!danger

料金計器を不正使用しなければならない重要な目的…

それは、差出元を偽装工作するためだ!

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2011/11/post-15b7.html

up上記の記事の画像によると…

NTTコミュ二ケーションズの封筒に押された料金計器の「福岡中央」という表示は、あたかも「福岡中央」から差し出したよ~

と、私に思い込ませ、封筒もNTTコミュ二ケーションズの封筒だから、間違いない…と、確信させる目的なのだ!

逆に、annoy福岡中央から差出されてはいない…というのが事実だ!

down下記の画像では…

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/111102.jpg.html

外形は、東京地検特捜部によってannoy東京高等裁判所内から差し出されたということになるが、それを装って差し出されているということだ。

加えて、桜の花が5コという笑える料金計器、これも松戸と表示されているが、annoy松戸から差し出されてはいないのが事実!

要は、あなたに配達される郵便物を不正操作すれば、何でも出来るということだ!!

   善良な国民を簡単に騙せる手口…

   それが、郵便法違反!

   そして、全部偽装まみれ…

   裁判も…告訴も…

   まず、郵便物をチェックするべきだ!

| | コメント (4)

驚愕!郵便法違反は料金計器にも…

ついに、郵便法違反は「料金計器」にまで及ぶ…postofficesweat01

以前、このブログで「料金計器」の不正使用疑惑を取り上げたことがある。

疑惑が、疑惑ではなく真実になってきた…

カテゴリ「東京地検の不正」down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/05/post-0ed3.html

まずは、下の画像をご覧いただきたい。

Cimg1924_2

これ、catの家の固定電話の通話明細。

差出人はNTTコミュ二ケーションズだが、料金計器不正使用の郵便物。

impact契約はNTTコミュ二ケーションズなのに、そこを装って違うところが差し出している可能性が高い。もちろん、NTTも犯人に協力しているはず…

封筒に、すでに「料金後納郵便」と印刷されているにもかかわらず、その上に「料金計器」のスタンプを押してある。

本来、料金後納郵便として郵便事業株式会社から承認を受けており、このままの状態で使用できる封筒なのだ。

料金後納郵便と印刷した封筒の上から料金計器スタンプを押すと、黒で印刷した文字や枠によって、料金計器のPB番号を機械が読み取れないという。

料金計器スタンプのインクは、特殊蛍光塗料が使われており、ブラックライトに当てると光る。それによって機械が読み取る仕組みだ。

Cimg1932 ブラックライトを当てると、料金計器が浮かび上がるが…     

                                                

                                        ところが、料金後納郵便という印刷の黒い部分と重なると、その重なった部分は光らないため、機械は読み取ることが出来ず、誤作動する。

上記のようなこともあって、料金計器扱いは、あくまでも何も印刷されていない部分に料金計器のスタンプを押すという決まりなのだ。

そして、料金後納郵便と印刷された封筒は、そのままで使用するという決まり。

まるで、押してある料金計器のPB番号を読み取られたら困るとでもいうように、PB番号の真上に印刷の黒い枠が重なるよう器用に押してある。

Cimg1939

ブラックライトを当てて、拡大してみたが…                            

印刷の黒い部分は光らない。                                         

                                         これでは、機械が読み取ることは出来ない…

むしろ、PB番号を読み取られると困る何かがある…

郵政が認めた差し出し方ではなく違法な差し出し方…

すると、PB番号を機械が読み取らなくても、そしてPB番号を知られず、差し出し方が違法でも…このような郵便物が私たちに配達されているということは…

郵便局内部にも、郵便事業会社内部にも、存在しない郵便物なら私たちに配達されてもおかしくはない。

そう、裏ルートで配達された郵便物…ということだ!

仮に、このような違法な差し出し方の郵便物が郵政内部に存在していたとしたら、多数の社員の目にとまり、不正が知れ渡ることになる。

そんな、ヘマはしない。

だから、こっそり裏ルートで配達される。

そこで、なぜそのままの状態でも差し出せるのに、わざわざ料金計器を押すのか…という疑問が出てくる。

それは、特殊な料金計器スタンプが押されていると、あたかも正規の扱いを受け、封筒に表示された差出人からの郵便物だと私たちに思い込ませるためだ!

要は、カモフラージュ目的!

人間は、後ろめたいことをするとき、それを隠そうとするから余計な工作を企む。

その、余計な工作から足がつくことは、よくある話!

因みに、今年の4月までは下記の画像のような料金後納郵便で配達されていたが、5月からその上に料金計器が押されて届くようになった。

Cimg1925 通常は、このままの状態で差し出すのが正しい。                                        

だからこそ、予め料金後納郵便と印刷しているのだ。                                         

                                         

annoy必見!!annoydown

bomb東京地検 特捜部の料金計器不正使用オンパレード

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/111102.jpg.html

そして下にスクロールしてup

松戸地検の料金計器の桜は5枚?↓  松戸郵便局長の使用承認を受けたこの料金計器に郵便局は驚いたとか。

という部分の画像…これ、桜の花が5コ!いまだかって見たことがない…

普通、桜の花は昔も今も4コです。

ピツニーボウズ社製の料金計器に間違いはないのですが…

ban桜の花5コ…この料金計器、danger偽装かも…Σ( ̄ロ ̄lll)sweat01

さて、このように料金計器を不正使用してまで「不起訴通知」を送らなければならなかった訳は、

東京地検特捜部が「不起訴通知」を送っているのではなく、

東京地検の指示で関係ない何者かが東京地検を装って送っているからこそ、カモフラージュするために、わざわざ料金計器を押している。

故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害する行為を不法行為という。

東京地検や松戸地検、静岡地検…日本全国の検察は、このような手口で私たちの告訴という重要な権利を握り潰しているのだ!

これは人権侵害だ!!

これは人権侵害だ!!

これは人権侵害だ!!

| | コメント (2)