東京高等裁判所の不正

実は、私は東京高裁の書記官です…!?

抗告人である私は、東京高等裁判所の書記官です。

証拠は、こちら…down

Pict0001 ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャsweat01

                                                          

                                        これは、静岡地裁の担当裁判官「堀内有子」の忌避で東京高裁に抗告申し立てを行った結果を「通知書」という名目で東京高裁の書記官「鬼丸高次郎」が、静岡地裁にFAX送信した書面である。

私は、東京高裁において記録閲覧した際、この不思議な書面を見つけ、謄写専門のおじさんにコピーしてもらった。

書記官鬼丸高次郎の職印が押されていない…と、思って、ふと、下に目をやると、なんと抗告人の私の名前の横に裁判所書記官の職印が私の名前に書記官の職印が押してあった。

ふ~ん、やはり何かがおかしい…

東京高裁の鬼丸書記官から、白紙に職印だけ押してもらい、それを解任した元こっちの弁護士事務所(静岡)に鬼丸が郵送…

白紙の紙に、およその位置を決めて先に押印したため、その後に文章を印刷したら、押印の位置が書記官の鬼丸高次郎の位置ではなく、抗告人の私の名前の位置にきてしまった…という結果ではないのか?

それで、活字と印の上下関係が逆に…down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/post-ade2.html

最高裁からの書類も活字と印の上下関係が逆…down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2009/07/post-711a.html

この頃、書記官鬼丸高次郎は、私への特別送達の宛名を誰が書いているのかという私の質問に、絶対に答えなかったという不思議な背景があった…

特別送達の宛名の筆跡を答えないという、いや、正確には「答えられなかった」事情があったはずなのだ。

これら東京高裁からの特別送達は、全て追跡表示の内容が統括支店を経由していないなど、未来時間の表示など、明らかにおかしな動きをしており、郵便法に違反したものだった…down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/post-fcca.html

           **********

上記の書面は、もうひとつ変な記載がある。

                                                                      Pict0002 

                                                             

                                                           

                                                               申立てによる裁判官忌避に却下という文言はあり得ない。

棄却という文言はあり得るが…

ここでも、却下と棄却を取り違えている。

裁判官の経験がない、弁護士が作成した書面なら却下と棄却を取り違えることはあり得るだろう…

それとも、こちらが素人だからと、故意に間違った文言を記載してほくそ笑んでいるとか…

この世で、もっとも卑しい弁誤死だから、そのようなことも十分あり得る…

| | コメント (16)