横浜地方裁判所の不正

横浜地裁でも同じ不正が!

annoy驚きです!annoy

横浜地方裁判所でも同じ手口の不正が行なわれています。sign03hotelshadowsweat01

私のブログに、時々コメントを頂く「バイオレット」様は横浜地裁で国を相手に裁判を行なっています。

バイオレット様の裁判も、裁判官と書記官達によって裁判所の組織ぐるみ不正裁判が行われています。

one横浜地裁からの特別送達(1)                                                                                             

Pict0001_2

この特別送達は下記のように不審な部分があります。            

                                            

                                            

この特別送達の経路ですが、発送と到着の間に、「横浜神奈川支店」という重要な統括支店を経由していません。

また、引受時刻ですが、19:08で裁判所が閉まっている時刻です。

通常、特別送達は郵便局が開いている時間帯に裁判所の職員が窓口に持ち込むという決まりのはずです。

なぜ、わざわざ郵便局窓口が閉まっている時間帯に局ではなく横浜港支店に差出さなければならないのでしょうか?

142-03から始まる番号ですが、郵政の管轄支店地域では神奈川県は南関東となっており、142の42は北関東あたりに割り当てられている番号ではないでしょうか。

dangerさらに、142-03が支配する個別番号00000-0から99999-0までの10万件のうち、個別番号50000-0台のうちの100件を検索してみますと、下記のようにいきなり「到着」ありきでしかも配達予定日まで記載しています。

Pict0010

Pict0005_5Pict0006_2

                         

                         

                                                     

「引受」がないのに「到着」や「発送」など、あり得るはずがありません。

 up全部ダミー表示です。sign01

この100件の表示は全部「到着」や「発送」からで「引受」がまったくありません。

到着や発送の上に事実とは違う引受局をいくらでも表示させられます。sign03

こんな142-03が支配する142-03-03015-5の特別送達なんて全く信用できません。

two横浜地裁からの特別送達(2)

Pict0005_6 これもoneの特別送達と同じく、統括支店「横浜神奈川支店」を経由していません。

今度は、横浜港支店に併設されている横浜港郵便局の窓口が開いている時間帯(19:00まで)ですがどうして横浜港支店が引受となっているのでしょうか?

「郵便窓口業務の委託等に関する法律」によると、郵便局窓口の営業時間帯には局窓口に郵便物を差出さなければなりません。

第1条、第2条の1、第3条1項 down

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO213.html

横浜地裁からの特別送達(1)も(2)も、明らかに郵便法違反です。

裁判所と郵政の故意による郵便法違反の送達行為は、不正な裁判を行なっているという客観的、物理的証拠です。

民訴法第90条に則って異議申立もしているのに裁判所が無視し、郵便法違反の特別送達を強制送達して不当に私達国民の法的権利を無効にさせている事実を許せますか!

バイオレット様は、横浜地裁の裁判の様子をこんなふうに書かれています。

  down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-c93e.html#comment-41371695

| | コメント (3) | トラックバック (0)