東京地検の不正

検察審査会が架空議決…?!

裁判所が偽装裁判(架空裁判)を行い、その判決文の送達は、特別送達で送達される。

ところが、その特別送達は日本郵政と裁判所が結託した架空の特別送達である。

その証拠に、特別送達に貼られた書留番号から、追跡検索すると、裁判所から自宅までの配達ルートがまったくでたらめである。

これは、私たち一般人が郵便物の配達ルートについてまったくの無知であることを悪用して法曹三者によって平然と行われているものである。

裁判所が架空裁判を行った結果の判決は、当然、架空の判決内容であるから、本物の特別送達で送達できるわけがない。

だから、郵政と結託して、架空の特別送達を送ってくるのだ。

架空の特別送達だから、正規の配達ルート(正規取り扱い)に乗れるわけがない。

だから、配達ルートがでたらめ(統括支店を経由していない等…)なのだ。

11桁の書留番号までもが差出局で扱われている正規の番号ではない。

従って、この11桁の書留番号が支配している個別番号10万件の郵便物すべてが、架空の追跡表示である。

この事実から、行われている裁判が偽装裁判(架空)かどうかが判別できるのだ。

さらに、このような同じ手口が、検察に対して行う告訴、告発、それに対する検察審査会の議決、弁護士会に対して行う懲戒請求、それに対する議決、日弁連への異議申し立て、それに対する議決…国家公安委員会に対する警察官の苦情申し立て、それに対する議決…等々に対して使われている。

このように、私たちに与えられた不当な国家権力や公務員に対する苦情を申し立てられる正当な手続保障の権利を、日本郵政と結託して不当に妨害しているのだ。

それが、送られてくる郵便物で判断できるということだ。

danger私のブログに記載してある追跡表示、特別送達等の画像が実際に偽装(架空)された郵便物です。(参考にしてください)

私は、法曹三者による、この卑劣な手口を発見したときから、検察審査会という組織や、その議決に関して、当然、同じ卑劣な手口が使われているということを知っていた。

ある議員は、この郵政の犯罪事実を私に仄めかした!

そうして、私が「クロネコヤマト」も同じことをやっていると言うと、なんと、その議員は「クロネコヤマトも、やってるよ!」…と、証言した!

クロネコヤマトの犯罪については、後日記事にするが。

そうして、追い風のように、検察審査会が架空議決を行っているのではないかと疑いを持ち始めた賢い国民が現れた。

やはり、感の鋭い国民もいるものだ。

そう、あなたの言われるとおり、検察審査会は過去にわたって、いくつもの架空議決を行って私たち一般国民を欺いています。

         down

http://sun.ap.teacup.com/souun/3546.html

         down

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/c960809ad38f81ff7f16a361d9f0f27d

そして、衆議院のannoy「裁判官訴追委員会」も大量架空議決を郵便法違反で送りつけています。

まあ、このような手口が何十年も自民党政権下で構築されてきて、今まで誰も偽装裁判(架空裁判)に気付かなかったのは、誰も郵便物を疑わなかったからだ。

それに、誰も郵便法を知らなかった…特に第37条の重要さを…

この手口を構築したのが政治家と法律の専門家だ。

さすが、国民の盲点を悪用した手口ですな。

肩書き…ただそれだけで盲目的に信用し、媚諂う日本人の卑しい国民性を逆手にとった見事な工作ですが、国民が周知するのは時間の問題でしょうか…

まあ、裁判所が偽装裁判を行っているくらいだから、検察審査会が偽装議決するのもあたりまえ…って、こんな日本、許せるか!

| | コメント (24)

ムネオ日記の紹介!

鈴木宗男さんが北方領土問題で騒がれていたいた頃、私は日本の司法の腐敗ぶりなど全く知る由も無かった…

ニュース、新聞等の報道を鵜呑みにして知ったつもりになり、鈴木宗男議員が悪いと思っていた…

しかし、自分の裁判をきっかけに、ニュース、新聞等の増すゴミ情報と、真実とは別物であることを知る事となった…

刑事にしろ、民事にしろ、裁判を経験した国民は一様に不正疑惑を訴える…

本来、公正な解決を求めて裁判を起こすのに裁判を受けたために、更なるひどい不公正を被って泣き寝入り状態…

punchsweat01法曹界…ここに、腐敗した権力というものが存在している!

こんな国ってある?????

逮捕された検事達は可視化反対者だったが、自分が逮捕されたら、自分の弁護士に頼んで可視化要請?

なんじゃ、そりゃ!(怒)

検察は私たちの告訴状を受理したフリして不当に握りつぶし(裏付けは郵便法違反)、逮捕すればしたで証拠を改ざんする!

なんじゃ、こりゃ!(怒)

鈴木宗男さんの日記を紹介します。

shine真実を知りましょう。shinedown

http://www.muneo.gr.jp/html/diary201010.html

あ、そうそう、先日、「法務省」が、「静岡地検の不正」という記事にアクセスしていきました。前から、何回かアクセスされていますけど。

気になるんですね…検察の評判が…

以上、黒猫のつぶやき…でした。

Illust537_thumb

| | コメント (10)

出たーっ、検察庁!法曹界は悪徳総合商社!

法曹界は、悪徳総合商社!

先日の悪徳弁護会に巣食う悪徳弁護士といい、今度は検察庁かっ!

検察による冤罪の仕掛けがよくわかったよ!

今までに、何人の国民がこの手口で冤罪となっていることか…(`ε´)

裁判所も平気で調書をはじめ訴訟記録の改ざんをおこなっているけど、これも表に出せっ!

絶対に不正を行ってはならない法曹界で、大量の不正が毎日繰り返し行われている…

一度、検察も弁護士会も裁判所も解体するべきだ!!

国民の皆様、検察庁は裁判証拠の改ざんばかりではなく、検察にとって都合の悪い法曹三者の犯罪を訴える告訴状は、すべて握りつぶしています!

検察は、今回の郵政不正事件を取り上げているなら、検察自身が郵便不正を行っているこっちの不正行為はどうして調査しないのか?

shadow石井寛也検事

shadow宗像孝洋     

shadow大滝良二

  up

impact郵便不正及び職権濫用及び虚偽公文書作成同行使で至急調査せよ!

impact証拠はこれだ!

クリックしたら最後まで下にスクロールしてください。down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/cat21459328/index.html

我が国の法曹界は、悪徳総合商社です!

| | コメント (8)

料金計器の不正使用!

buildingshadowなんでもかんでも、不起訴sign01sign01さらにこれを送りつけてくる郵便物自体がng郵便法違反sign01こんな信じられない犯罪行為を執拗に繰り返す東京地検sign01

まるで、起訴という言葉を知らないかのようなばかげた行為に疑問を持ち、不起訴通知が入っている封筒のimpact料金計器impactに目をつけてみた!

まず、料金計器とは、ごく、ごく簡単に説明するとこうだ。

一定期間、一定量の差出があることを約束して、切手の代わりに押されるもので、料金計器という。

郵便料金は、この料金計器の使用記録によって、まとめて後納できる。

差出す郵便物が多い企業や団体等は、切手を用意する手間が省けて、管理が非常に簡単である。

料金計器を使用する場合は、郵政の承認が必要。書類手続きがいる。

承認されると、料金計器に表示された事業所(郵便局か同じ建物内に併設された事業所)に差出さなければならない。

impact 根拠up postoffice郵便約款第58条1項(注1) 郵政HPにも別途記載あり

                 ********

今年の3月10日、東京地検の記事を書いた直後の3月30日、まったく理由が解らないが東京地検から再度、特定記録がポストに投函されていた。

3月10日の記事に対する嫌がらせなんだろうか?

3月10日の記事は、こちらdown

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/cat21459328/index.html

理由の解らない東京地検からの3月30日付の特定記録郵便物には、料金計器が使用されていた。

oneこの、料金計器を紫外線に通してみると、全体が光って見える(右)

通常の蛍光灯や太陽光の下では、光らない(左)

Pict0004Pict0003 ←右は、なぜか写りが悪い…二重にみえる…?

 撮影日は、3月30日である。                                  

                                   

two紫外線を通すと富士山のてっぺんが光っていない部分がある!

通常、全体が等しく光るはずなのに一部分が2~3日で、すでに劣化しているということは考えられない!保存状態にもよるが、室内で光に当てなければ悪くても半年以上光る。

Pict0006 ←黒い矢印の部分が、すでに劣化し、紫外線に反応していない。

部分的に、周りの明るい色とは違う、少し濃い紫色の部分である。

このような状態になるには、相当の月日を要する。

すると、annoy古いインクの料金計器の上に、新しいインクの料金計器を重ねて押印したとしか考えられない現象である。

three比較として、上記の3月30日より半年以上も古い封筒の料金計器のインクの状態を比べてみよう。(これは東京地検とは関係ない郵便物です)

Pict0008 ←東京地検のインクより、ずっと古いが、平均して均一な光具合を保っており、東京地検のインクのように、一部分の激しいインクの劣化は見当たらない。

Pict0009 ←こちらは、1年半以上経過したもの。                    

                                            

                                           

pencilこの富士山と桜の模様の料金計器はピツニーボウズ社製のものである。

Pict0004_2 ←左上の矢印部分が差出す局、その下のピンクの矢印部分が差出した日付で、これは右から2010年の10年3月30日と読む。

青い部分は、この郵便物に対する番号で、一番右の黒い矢印部分のPBから始まる番号が、この料金計器の機種番号。

このPBから始まる機種番号が郵政に承認され、登録されていれば、この番号は東京地検の料金計器で、差出局は東京高等裁判所内郵便局に差し出さなければならないことになる。

ところが、東京地検からの郵便物はすべて、銀座支店が引受と表示され、東京高等裁判所内郵便局が引受と表示された追跡結果は一通も無い。

annoy東京地検の内部犯罪(1)の記事では、「引受」がなく「発送」から始まる郵便物ばかりであったりdown

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-0248.html

annoy今回、記事にした、この郵便物の追跡表示は、引受は表示されていたが、料金計器に表示された東京高等裁判所内郵便局ではなく、銀座支店となっていたりするdown

Pict0001Pict0007Pict0003_2Pict0004_3     

                

              

2通とも受取り拒否で返送済み                              

                                             料金計器に表示された東京高等裁判所内郵便局が引受と表示できない大きな理由が、実は、この料金計器が、廃棄済みで、すでに郵政の承認からはずされている料金計器を使用しているからではないのか!

PB8802217は、最大3~5年前に承認登録を抹消されているから、追跡システムに発送から表示したり、銀座支店を引受と表示したりしているのかも知れない!

実際に東京地検から送達されているという可能性すら低く、そのうえ権限の無い者に作成させているからこそ、使い古しの料金計器を使用して、さも東京地検から送達されているように見せかけ、私達を欺いているのだろうか…

ピツ二ーボウズ社のHPによると、郵政への登録も抹消もすべてピツ二ーボウズ社が行ないますと記載されていた。

料金計器の法定寿命は、使う頻度にもよるがおよそ3~5年らしい。

dangerその時点で、抹消登録された機種番号を故意に廃棄せず、東京地検が不正に利用しているとしたら…

東京地検から送達されたことになっている郵便物の追跡内容が、すべておかしい事実も合理的な説明がつく!!

すでに劣化した特殊インクの上に、新しいインクを上乗せしたような料金計器の状態をみて、ふと、そう思った…

| | コメント (3) | トラックバック (3)

刑事事件訴訟法第241条並びに事件事務規程違反!

bullettraindash私は、2008年11月に一連の郵政の不正について東京地検に「告訴状」を提出している。

ところが、東京地検は全ての告訴状に対し、なんと東京地検自らも郵便法違反をしてまで不起訴という通知を私に送達しようと何度も試みている。

証拠one down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/01/post-0248.html

郵便法違反の告訴状に対し、捜査する立場の東京地検が同じ違反を行なって、国民の告訴権を不正に握り潰しているのだ。

私は、告訴状を郵送ではなく直接、東京地検に持ち込んでいる。

東京地検に行くと、決まって1階ロビーの向かって一番右の待合室に通される。

2008年11月も同様だった。

この日、告訴状の提出である旨を伝えると地検の職員2人が現れ、テーブルをはさんで私の向い側に座った。

告訴状の内容について一通り説明し、職員に渡した。

この時、職員2人の名前を聞いて、持参したノートにもそれぞれ名前を直筆で記載してもらった。

証拠two down

Pict0001ムナカタ タカヒロ

オオタキ リョウジと読むのだろう。

告訴状を提出してしばらく経過した頃、告訴についての詳細な知識や刑事訴訟法の事などを東京地検に問い合わせると、ムナカタとオオタキ(電話口ではそのように名乗る)が対応するという形だった。

しかし、何回か電話を入れているうちに、オオタキやムナカタの対応が何かはっきりとせず不自然さが目立ってきた。質問に対してあまりにも曖昧すぎるのだ。

しかも、電話をするたびに、「直告班です」というが、本当に直告班に繋がれているのかさえ怪しい対応なのである。

さらに、ムナカタとオオタキは本当に検察官なのか?という疑惑を持つようになった。

そこで、違う地検に電話をして相談したところ、東京地検の告訴に対する相談専用の電話があるから、そこで相談してみてくださいとのことで、聞いた番号に電話をした。

ムナカタ タカヒロとオオタキ リョウジと名乗る人物は検察官なのかと聞いた。

電話口に出た相談員が何か調べているような雰囲気が感じ取れて、少し間があった。

すると、相談員がまるで独り言のように、「んっ!まてよ、こいつは検察官じゃないなぁ~」とつぶやいた。

ギョッ!驚いたのは私である!

検察官ではない?

告訴だと知っていながら、検察官のふりをして告訴状を受け取り、なおかつ電話でも検察官を装っていたことになる…!

book刑事訴訟法down

第241条 告訴又は告発は、書面又は口頭で検察官又は司法警察員にこれをしなければならない。
book事件事務規程down
(この規程の目的)

第1条 この規程は,事件の受理,捜査,処理及び公判遂行等に関する事務の取扱手続の大綱を規定し,もつて,事件に関する事務の適正な運用を図ることを目的とする。

第2条 事件の受理手続は,次の場合に行う。

(4)

 検察官が告訴,告発,自首又は請求を受けたとき

すると、up刑事訴訟法第241条、事件事務規程第1条、第2条の(4)に違反した挙句、検察官ではない者が作成した「不起訴通知」を郵便法違反に仕立て上げ、不正な送達を試みた!

検察官がした「不起訴通知」であるなら、何も、これほどまでの首が飛ぶような違反を犯して送達しなければならない合理性が見当たらない!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

冒頭に記載した、証拠oneの他に東京地検は、このような郵便物も送達してくる。

three特定記録郵便物

Pict0005 告訴状に対する「処分通知」を、特定記録などの郵便物で告訴権者に送達してくることはあり得ない。

行政行為の文書は、必ず配達証明付きの「一般書留」で送達してくる。

後で、訴訟になっても証拠として通用するよう行政行為を証明する文書は、それほど重要な文書なのです。

告訴という行為は、被害者が犯人を処罰して欲しいと訴える重要な行為です。

虚偽告訴であれば、誣告罪という罪で処罰されるのです。

人が処罰を受けるか受けないかを左右する重要な判断の「処分通知」ですよ。

検察官であれば、これほど重要な告訴という行為に対する「処分通知」を、特定記録なんかを使って送達するような行為は絶対にしません。

特定記録郵便は、勝手にポスト投函される郵便物です。仮に配達員が配達していなくても配達したことに出来てしまうのです。受領印は、いりませんから。

逆に、受取っていても受取っていない、ポストから誰かが盗んでいったということにも出来るのですから特定記録なんていいかげんで厚かましい郵便物です。

four上記特定記録の料金計器

Pict0006 料金計器は、「東京高等裁判所内」となっており、これは、差出す時、この料金計器に表示されている事業所に差出しなさいという規則です。

東京高等裁判所内郵便局には同じ建物の中に支店は併設されておらず、郵便局しかないので東京高等裁判所内郵便局が引受となるのです。

郵便事業株式会社が併設されている所では、時間帯によって局でも事業会社でも差出すことが出来ます。

日付部分は右から左に読みます。2009年9月18日です。

fiveこの特定記録の追跡結果

Pict0001_2 上記の料金計器の規則に反して、引受が「銀座支店」となっています。

郵便法及び内国郵便約款に違反した郵便物です。

追跡結果には、「お届け先にお届け済み」となっていますが、勝手にポストに投函されていたのです。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

数日後、この特定記録郵便物を東京地検に送り返してやりましたーっ!

届いた頃を見計らって東京地検に電話をし…telephonesleepy

cat「郵便法違反で送り返しましたから」

shadow「いつもいつも受取ってくんないからさ~、困ってるんだよ~」

cat「受取ってほしかったら、郵便法を守ってください。東京地検が郵便法違反しているって話にならないですよ。」

shadow「……sweat01

cat「ところで、告訴って、刑事訴訟法第241条からすると、私の告訴状は検察官が受取っていないということになっていて…違反ですよね?ムナカタもオオタキも検察官じゃないみたいで…

shadowえっ!あっ!いや、そんなことは…そんな…&%$#□○△?●×△!」

cat「ちょっ…ちょっと…何、なに言ってるんですか…?」

shadowsweat01telephone←ガチャ切り…されました!

2008年11月当時

大滝良二は、次席捜査官

宗像孝洋は、統括捜査官 です。

そこへもって、このような記事もdown

http://maglog.jp/nabesho/Article929006.html

すると、検察庁は民主党潰しの目的で「障害者郵便不正事件」の犯人をでっちあげていた?

本来、郵便法違反で逮捕されなければならないのは、東京地検の大滝良二と宗像孝洋なんじゃないのっ?

annoy東京地検には、握り潰した私達の告訴状がいっぱいあるように思えます。

annoy第一、私は告訴状を東京地検に直接持参しているのに

この特定記録の筆跡は、2年以上前に解任した、こっちの元弁護士の筆跡でしょっ!

東京地検が情報を犯人に漏らしている…としか思えない!

annoy国民の皆様、東京地検はこのようなところです。

 

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京地検関連のニュース

小沢氏関連のニュース 

その(1)down

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02044308/1.htm

その(2)down

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2010011801000248/1.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京地検の内部犯罪!(1)

typhoonsweat01小沢氏の問題で強気の東京地検。

そんな東京地検は石川議員ばかりを逮捕できる身分ではない。

東京地検の内部に重要な犯罪者が存在しているのだ。

身内の犯罪者を逮捕しないで何をやっているのか。

私はブログで主張してきた郵便物の不正操作について08年11月、日本郵政を東京地検に告訴した。

ところが、信じられないことに当の東京地検自身がなんと郵便法違反を犯し続けているのだ。sign03

犯人を逮捕してくれと言いに行ったら、なんと言いに行った東京地検が犯人と共同正犯だったわけだ。Σ( ̄ロ ̄lll)

まずは、東京地検の郵便法違反振りをご覧ください。

  down eyesweat01

one Pict0001        08年11月の日本郵政に対する告訴の結果を一般書留で送達してきたが不在票から追跡すると、引受の表示がなく、発送からしか表示されていない。さらに統括支店である「新東京支店」の表示すらないのである。

なんでも「不起訴」の通知だったらしいが、私は郵便法違反という理由で受取り拒否した。

twoPict0002         ①の書留が差し戻されたため、もう一度受取れと、東京地検が送り直してきた書留である。

なんと、再び引受表示がなく統括支店の「新東京支店」の表示がないため受取らないで差出人に返送された。

threePict0003_2         また三度目の送達をしてきたが、やはり①や②と同じ 表示。

ほんとにしつこい東京地検です。

赤い→のところは、追跡システムではあり得ない未来時間が表示されている証拠です。ここでも発送なんて実際には行なわれていないし、第一、静岡南支店にも、新東京支店にも、この書留は運ばれていない証です。

郵便物は、送る時と返送される時は同じルートを通るが、これは返送するときだけ統括支店である「新東京支店」が表示されている。

fourPict0006_2         この書留は09年1月に東京高裁の文書係を告訴したときの「不起訴」の通知らしいが、ここまでは上記①②③と同じタイプの郵便法違反。

赤い→は③と同じ未来時間の表示。右上の赤い→の日付と時刻で比べてください。黒い→も、これより前に同様な事実が有り。

Pict0005

右上の日付と時刻、左下の到着という部分をご覧ください。

通常、「到着」表示から、次は配達されるために「持ち出し中」と表示されます。

Pict0004 左下に11:10差出人に返送済みと表示されたのが、右上の11:28でした。

④の画像の真ん中の画像の右上の時刻は、11:15で、この時点ではまだ到着の表示のままですね。

すると、11:15の時点では到着の表示。11:28には差出人に返送済みという表示で、この間たったの13分。

なんと「持ち出し中」の表示が無いsign01

こんな虚偽の表示は、差出人に返送していないという証拠だ。sign03

fivePict0010_2                  持ち出し中の表示が無い郵便物は他にもあります。

これは一度に5件表示させていますが、チェックのついた書留を覚えていてください。到着日は9月19日です。

右上の時刻は9月24日11:56です。

Pict0011 9月24日12:07に持ち出し表示がないまま一斉に「お届け済み」と表示されました。

上記の画像では11:56には到着表示でしたから11分後には「お届け済み」表示なんて、まったく虚偽表示も甚だしい。sign01

six Pict0001_3         郵便法第45条では、書留は「引受」から「配達」に至るまでの記録をし…となっている。

「引受」の記録がありませんけど…!

                             それにしても、東京地検が郵便法違反していながら、身内を逮捕しないって許せますか?

この送達は、全部「無効」です。!

      

| | コメント (2) | トラックバック (0)

異常な東京地検!

punchannoy東京地検は、まだ自民党色…

chairchairchairshadowshadowshadowsweat01 end 椅子取りゲームが始まるかもsign03

    姑息な東京地検   down

リンク: <a title="異常に過ぎる検察 - 速報:@niftyニュース" href="http://news.nifty.com/cs/headline/detail/gendai-02043803/1.htm">異常に過ぎる検察 - 速報:@niftyニュース</a>.

sunなんだ、牛だったのか…taurustaurustaurus

         …よだれがsweat02sweat02sweat02

           …つづくsweat02sweat02sweat02

| | コメント (0) | トラックバック (0)