« 2013年2月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

インチキ書留追跡表示の真相が明らかに!!

善良な一般国民の皆様へ…

諸般の事情により、しばらく、ご無沙汰しておりました。

インチキ書留のインチキ追跡表示の真相が明らかになりましたので、追って詳細をお知らせしたいと思います。

        *************

さて、例のインチキ書留郵便物の追跡表示の件ですが、私は、インチキ追跡表示ってどのように作成されているのか理解できませんでした。

なぜなら、通常、書留郵便物等は、引受から配達に至るまで非常に厳重な手順で幾重にもチエックがなされたうえで、名宛人に配達されるため、間違いなどめったにないからです。

これは、郵便物の取り扱いの手順等を知っているからこそ、疑問に思うのです。

普通は、インチキなど到底というか、そうそう簡単に郵便法違反の扱いは出来ない仕組みになっているのです。

とりわけ、一般書留(現金書留も)は不可能なはずです。

そして、PC上に表示される追跡表示も、簡単にアクセスして大量のダミー郵便物を表示させるということは、社内であっても本来は不可能なはずです。

これらは、あくまで、本来なら…という前提ですが。

そして、大勢が働く社内で郵便としての正規の処理を受けている郵便物であれば絶対にインチキ扱いは不可能に近いのです…

仮に、インチキ扱いしても、幾重にもわたる厳しいチエックにより、引受から配達に至るまでのどこかでバレてしまうはずです。

しかし、引受けられたはずの書留郵便物が郵便局内で処理されていないとすれば…

当然、インチキは可能です。

であれば、インチキの書留を正規の追跡に表示させるということはできません。

なぜって、もともと正規には存在していない書留なんですから…

裏ルート扱いされた書留は、追跡表示も裏ルートの偽追跡表示で本物らしく表示させなければならないのです。

騙すために…です。

追跡表示に現れたいくつかの不可思議な現象…

ところが、真相が解明したら、これらの現象が一挙に解決したのです…

やはり、奴らはとんでもない悪党であって、許せない手口で私たちをだまし続けています!

それでは、数日後をお楽しみに…

| | コメント (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年9月 »