« 島根県から投稿された方へ(続き) | トップページ | ○○ぱぱさんへ(続き) »

〇〇ぱぱさんへ

○○ぱぱさんからの投稿

現在私も訴訟を抱えており、それがまた一方的な判決になるように思えて、とても違和感がありました。

そのような折に当ブログに行き着くことができ、妙に私なりに納得してしまいました。

判決通りに支払をしないと差し押さえとかになるのでしょうか? 

 

                 **********

 民事で、○○ぱぱさんが被告で、原告からの訴状に仮執行宣言が付けられているのですね。

一審で被告側敗訴の判決で、判決文中に、「第〇項については仮に執行することができる」などと書いてあれば、何もしないでいると仮の執行をされます。

このような判決であった場合、敗訴側には、担保(民訴法第259条3項)を用意すれば仮執行を逃れられるという宣言が付されることがあります。

この民訴法第259条3項を利用する場合の条件等は、民事執行法第403条に書いてあります。

これらの手続きは、裁判所に申立を行わなければだめです。

申立が通れば強制執行を止めるという決定がもらえます。

そうすると、すでに始まっている強制執行すら取り消すことができます。

次に、控訴審で敗訴判決が出た場合も、おなじ手続を繰り返すということになるはずです。

ただ、現時点において、○○ぱぱさんの事案内容がどんなものかまったくわかりませんので何とも言えませんが、通常の民事で仮執行宣言が付されている場合を例としています。

以上が、法に基づいて仮執行を逃れる、若しくは、すでに始まっている仮執行を止める方法です。

次に、上記手続きをとらず、担保も用意しなくて仮執行をされたまま、控訴審や上告で判決が逆転した場合は、仮執行を受けた人が、相手側に対し、不当利得返還請求の申立をし、執行されたものを返してもらうことになるはずです。

                 **********

…で、重要なのは、ここからです。

○○ぱぱさんの民事裁判が、今の時点では偽装裁判なのかどうかわかりません。

何か、怪しいと思っていても物的証拠がないことには立証困難です。

一審の判決が特別送達で送られてこないとわかりません。

しかし、ここで弁護士に依頼している人は、特別送達が弁護士宛に送達されますので封筒も書留番号も知ることが出来ません。

弁護士によっては、判決を送達ではなく、裁判所に直接取りに行く弁護士もいないとも限りません。

あるいは、封筒すてちゃった…なんて言い出す危険な弁護士も。

そこで、弁護士と裁判所の両方に、判決は、特別送達で自分宛てに送達してくださいとはっきり伝えることです。

そして、自分から弁護士に判決内容をFAXすれば十分でしょう。

そうすれば、間違いなく重要な封筒を入手でき、特別送達の追跡データもすぐに自分で調べ、プリントしておけるのです。

弁護士から封筒を貰うという方法は、あまり適切ではありません。

弁護士は、あなた以外にも訴訟を請け負っており、どんな事件も法律事務所の住所、弁護士の名前は変わりませんから、封筒の表書きについては、自分の事件の判決が入っていた封筒なのかどうかは、弁護士しか知りません。

もちろん、送達された日付から確認することは可能ですが、それぞれ違う事件の封筒だって同一年月日に届くことも有り得るのですから、弁護士に嘘をつかれたら終わりです。

解りますよね?

弁護士が、裁判所の書記官と日本郵便株式会社の黒幕に賄賂を送り、なんちゃって特別送達を送っているんですから…

中身だって、そりゃ、双方どちらかの弁誤死が書いたなんちゃって判決…です。

弁護士の賄賂は、依頼者からぼったくった着手金等+相手側からのお礼金で成り立っています。

これらの金は、あなたが勝訴して、その弁護士に入る金より、ず~っと高額だからです。

弁護士と裁判所に対して、特別送達は自分あてに送達して欲しいと意思表示したとき、弁護士や裁判所が抵抗しているようであれば、それは、十分、怪しいです。

そして最後に、郵便物を徹底的に調査できたうえで、それが郵便法違反でなければ、それは本当の正しい裁判でしょうから、通常のとおり控訴されたらよいでしょう。

                 **********

郵便法違反というのは、判決より重要なのです。

郵便法違反であれば、法律上、判決すら無効になるのですから。

判決が無効ということは、裁判が無効だったということです。

なんでも裁判であればいいってもんではありません。

重要なのは、その裁判が、法律上、有効だったのか無効だったのか…でしょ。

判決文であれば、全部が本物なんですか?

遺言書であれば、全部が本物なんですか?

警察手帳であれば、全部が本物なんですか?

ポストに入っている普通郵便、郵便物であれば、全部有効なんですか?

書留郵便物、配達員が持ってきたからという理由だけで法律上、有効な書留郵便物なんですか?

郵便に限っていえば、この郵便物は、有効か?、無効か?…これらを区別できるようにしたのが郵便法という法律。

|

« 島根県から投稿された方へ(続き) | トップページ | ○○ぱぱさんへ(続き) »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 島根県から投稿された方へ(続き) | トップページ | ○○ぱぱさんへ(続き) »