« 民法第171条(3年の短期消滅時効) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

2011年、たくさんのアクセス、ありがとうございました。

2011年も、「ビックリ写真集」に多くの方がアクセスしていただき、本当にありがとうございました。

 今年の3月11日…

 忘れもしない東北地方の巨大地震shocksweat01

 そして、想像すらできなかったほどの巨大津波wavesweat01

 これに追討ちをかけるように、福島原発のメルトダウンdangersweat01

 地震が…

 津波が…

 放射能が…

 被害に遭われた地域の方々、その関係者の方々…

 ご家族を亡くされたその心境を思うと、本当に「絆」の一言に尽きるのかもしれません。

 私は12月、ある会合で聞いた一人の方の言葉が深く印象に残っています。

 「放射能が降ろうが、何があろうが公務員は給料が減ることはない。」

 「でも、我々は、中でも農家は1年分の収入を一気に失うのだ。」

 この言葉の後の会合の話は、まったく耳に残らなかった…

 震災の件もさることながら、この国の「公務員」に対する怒りが湧いてきた…

 私たち善良な一般国民が、「絆」を生涯の宝として、慎ましく営んできたささやかで平穏な日常を、小汚いドブネズミと化した公務員の利権のためにとんでもない形で粉々に砕かれてしまうのが、今の日本という国。

 よく、一部の公務員が…といった、一部という言葉を使い、あたかもその大半は善良な公務員と思わせる表現で、私たちを洗脳する書き方をしているのが多いが、事実は全く逆です。

 たくさんの公務員の中で、ごく一部の公務員が悪徳であるとしたら、偽装裁判などが長年にわたって成功し続けることは不可能です。

 裁判官だから…

 書記官だから…

 弁護士だから…

 検察官だから…

 警察官だから…

 会社の社長だから…

 大学教授だから…

 国会議員だから…

 …といって、こんな奴らに人としての良心があるという訳ではない。

 むしろ、これだけの肩書がありながら、郵便法ひとつさえ守らせることが出来ない奴らだというのが真実なのです。

 そして、その大半が知っていながら知らんふりを決め込んでいるのです。

 だから成功し続けているのです。

 …にもかかわらず、私たちは税金という形でこんな奴らに給料を支払い続けているのです。

 郵便法を守れない奴は、弁護士ではなく、弁誤死です。

 郵便法を守れない所は、裁判所ではなく、再犯所です。

 日本の議員は、議員ではなく、全員が偽員です。

 国民に奉仕するのが公務員です。

 国民が公務員に奉仕して、どうしますか!?

 現在の日本は、国民が公務員に滅私奉公している状態です!!

 さあ、声を上げないと私たちの人権は守れません!

 2012年も、巨大なドブネズミたちの実態を報告し続けますので、ブログ「ビックリ写真集」をよろしくお願い申し上げます。

clovershine来年は、善良な一般国民の皆様にたくさんの幸せが訪れますように…

 今年1年、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。m(_ _)m

|

« 民法第171条(3年の短期消滅時効) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 民法第171条(3年の短期消滅時効) | トップページ | あけましておめでとうございます。 »