« 内部告発で逆転勝訴! | トップページ | 台風15号が…静岡は直撃されていますっ! »

法曹界以外の、日本を支えている善良な一般の皆様へ

今回は、寄せられた投稿内容を紹介させていただきます。

 この投稿内容は、まさに日本の裁判所の実態を全く知らない一般国民の代表的な質問でしょう。

 裁判所は、裁判官は、書記官は、弁護士は、弁護士会は、日弁連は…

 常識があって正しい判断をするものだと、多くの国民は思っているようですが…

投稿内容紹介

失礼ながら、好奇心に駆られて投稿の全文と、証拠・動画その他の文書をざっと見ました。それらから考えるとどうも遂犯無罪さん(被害者小川さん)のおっしゃっていることが正しいような気がしますが、これほどの大事件がどうして新聞・テレビ・雑誌などおよびインターネットで報じられないのでしょうか。

 また、被害者は元市会議員さんということですから、国会議員などにもつてがありそうなものですが、国会銀意の頼んで国会で問題にできなかったのでしょうか。

 まさに奇奇怪怪な事件です。

それから、九州の信用金庫の預金詐取事件ですが、証拠の写真で見ると被害者の主張どおりカーボンコピーのようですが、そういった明白な証拠があってなぜ被害者の主張を警察・検察・裁判所・マスコミが取り上げないのでしょうか。

 それらの機関が腐敗していることは明らかだとしても、全く理解の範囲を超えた事件です。
http://www.kyudan.com/cgi-bin/bbskd/read.cgi?no=1018

投稿内容おわり

投稿者の方へ

 それは、あなたの勝手な思い込みにすぎません。

 普通の考えでは、日本の裁判所をはじめとした法曹界は、法に則り、正しく機能していると思うでしょう。

でもね、違うのが真実です。

その証拠と手口を、この「ビックリ写真集」のブログに掲載しています。

①裁判のもっとも重要な手続保障を妨害するという手口です。

どうやって?

②郵便法違反をさせるのです。

①と②の法的根拠は?

民法第97条 意思表示(到達主義と発信主義)

郵便法第37条 正当交付

以上の法に違反させることによって、不正裁判は成功します。

もちろん、一般国民が無知であることが前提です。

無知は、操りやすい。

これらは、狡猾で腐った法曹界の集団が善良で無知な一般国民を欺く手口として35年(私の知り得る限り)も前から行われているのです。

そう、今現在も…

無知な一般国民は、民法97条の意思表示を郵便法37条に違反させ、無効とすることによって不正裁判を成功させていることに気付いていないからです。

裁判で公正さを保つ絶対的なものが、郵便法と意思表示(手続保障)なのですが…

民法97条や、郵便法37条は、なんのためにあるのか…

よく、考えてみてください。

何のためにあるのか答えられますか?

そうそう、遅れましたが、上記の投稿内容にあります2つの裁判ですが、これは弁護士と裁判所の書記官、そして日本郵政によって仕組まれた偽装裁判です。

法曹界による大がかりな国の犯罪ですから、マスコミだろうが国会だろうが、知っていながら無視します。

これが、今の日本の実態です。

日本の裁判は、本物の裁判と偽装裁判の2つが実際に存在しているのです。

考えるときは、本物なのか偽装なのかを前提として考えるべきです。

投稿者の方は、本物の裁判であると思って考えているからこそ、投稿内容にある疑問が生じてくるのです。

答えは、偽装裁判だから国会もマスコミも騒がず、ひたすら無視しているのです。

こんな日本の裁判の実態、許せますか?

|

« 内部告発で逆転勝訴! | トップページ | 台風15号が…静岡は直撃されていますっ! »

大きな間違いのもと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内部告発で逆転勝訴! | トップページ | 台風15号が…静岡は直撃されていますっ! »