« 市役所が戸籍改ざん…裁判所と法務省もグルか!? | トップページ | GoogleツールバーのPageRank表示が変えられた! »

法曹界の不正に手を貸す企業!

2006年8月、私は静岡弁護士会所属のT法律事務所に民事事件を依頼した。
それから、約1年後の2007年7月、T法律事務所の弁護士たちの訴訟行為が不審であることに気付いた。
この時には、今のように偽装裁判だった事実には気付いていない。
あくまでも、T法律事務所の弁護士だけが変だと思っていた。

そのため、このT法律事務所の弁護士を解任し、他の弁護士を探すことに専念した。
新たな弁護士はすぐ見つかり、しかも、すぐに事件を引き受ける。中には断る弁護士もいたが、まれだった。
しかし、引き受けた弁護士たちは、つぎつぎとT法律事務所の弁護士が仕組んだ不正の尻拭い目的で、事件を引き受けていた事実に気付いた。

弁護士が決まったと思ったら、すぐに辞任に追い込むといったことを数回繰り返している私に対し、業を煮やしたのか、わざわざ相手側の弁護士が、「弁護士が信用できないなら、東京の弁護士はどうだ?」

「地元じゃないから安心だろう?」と電話をかけてきた。

相手側の弁護士が、こっちの弁護士の心配?をするというのも、不審だ。
なぜ、相手側の弁護士が私の弁護士の心配をしているのか?
私は、今まで、新しい弁護士たちが次々と解任した弁護士の尻拭いをするために事件を引受けていた事実、さらに、この相手側弁護士の電話で、忘れていた重要なことを思い出した。

弁護士を解任し、その後、本人訴訟になって敗訴となった場合、その敗訴が解任した弁護士の責任によるものであった時には、その弁護士は、敗訴による損害賠償を負わなければならない…という部分だけ、ずーっと昔に本で読んだ記憶がある。

もし私が、知らなかったり、このようなことを思い出さなかったりしたら、大変なことになっていたはずだ。
うっかり、新たな弁護士を付けようものなら、解任した弁護士の膨大な不正行為の隠ぺい工作が行われ、さらに、裁判所の不正行為すら完璧に消されてしまう危険があったのだ。

その根拠down

民法第99条(法律行為ー代理)
1.代理人がその権限内において本人のためにすることをして、した、意思表示は、本人に対して直接にその効力を生ずる。

法律に長けた狡猾な弁護士に、味方のフリして証拠隠滅されたら、裁判所は民法第99条を持ち出して、ねじ伏せるのだ。
そして、仮に、自白の撤回など申立てても、自白の撤回自体が認められること自体、難易度が高く、まして、証拠隠滅された後では、不可能に近い。

だから、皆さんは、初めの弁護士の不正を訴訟の途中で見つけ、解任した場合、その後は、必ず本人訴訟に切り替えたほうがいいのです。
しかし、あまりにも困難な事案などは、無理でしょうが…
でも、どちらにしても、あなた自身が法律の勉強をして、自分の身は自分で守るのが一番であり、そうあるべきなのです。

弁護士に依頼するから、自分は法律を勉強しなくてもいいという考えが間違っているのです。
重要なのは、このことに、気付くべきなのです。

弁護士に依頼しても、しなくても、第一、あなた自身が法律を知らないと、弁護士や裁判所に騙されるのです。

さて、私が本人訴訟に切替えたのは、最初の弁護士を解任して約5か月後の2007年12月に入った時だった。
この時から事態は一変!
今までの弁護士たちの不正、そして裁判所の不正、相手方弁護士の不正、郵政の不正、静岡弁護士会の不正…と、急速に知っていくことになった…

その不正は、文字通り、事件に関することだけのように思っていたし、また、そう思えた。

でも、事実は違っていたのだ!
それは、記事にもあるように、NTTの保安器の件…だけでは終わらなかった。

そう、すべては、私がT法律事務所の弁護士を解任し、本人訴訟に切替えたその直後から、得体の知れない組織犯罪による工作が実行されていたのだ。
すべての発端は、T法律事務所の弁護士3人と被告側弁護士2人が、私への仕返し目的で、得体の知れない犯罪組織を利用して工作を企んでいたのだ。

奴らはなんと、下記の大手企業を使って自分たちの犯罪に加担させてきたのだ!
これらは、NTTの保安器事件の前後に偶然、発見することとなった。

ヤマト運輸株式会社(宅急便も不正操作)
日産プリンス静岡販売株式会社(本社と清水七ツ新屋店)
朝日火災海上保険株式会社
東京海上日動
UCSカード(新たな新事実発見!アピタも関与?そして、日産プリンスとの関係!)
ソフトバンクモバイル社(販売店と結託?)
株式会社アプラス(ソフトバンク携帯販売店と関与?)
NTTとホームテクノ東海(立会った人物の名刺は全部偽物だった!)
CTC中部テレコミニュケーション株式会社(保安器付替えに関与?)
日本郵政(主に裁判所の特別送達を不正操作し、国民の法的権利を侵害する目的。それをカモフラージュするために一般郵便物も同様に不正操作する。)これは、すでに記事にしている。

annoyこれらの企業を犯罪に加担させるには、私の住所地宛てに配達される各種の郵便物を配達前に何者かが不正操作し、憲法に違反した検閲という行為を行っていなければ成しえないものである。

さらに、これら一連の不可思議な犯罪行為は、私が自分の民事事件に関して、弁護士と裁判所の犯罪のうち、ごく初期に気付いた頃、もうすでに実行されていたのだから、今、思うと、かなり早期の段階で手が回されていたということになる。

こういった経緯から鑑みても、何の肩書きもない私一人のために、しかも、どこにでも転がっている他人の通常民事の事件について、このような組織的な犯罪が行われるようなことは考えにくい…そうしなければならない、それなりの重大な理由があるからだ。

このことから、これは全国各地で日常的に行われているはずだということを悟った…

あまりにも手際よく手慣れた様子で行われるから。

日本の法曹界は、長年に渡ってこのような組織による犯罪を行い、私たち一般国民を守るのではなく、法曹界と政界の組織のみを守ってきているのである。

上記企業の犯罪は、すでにあなた自身にも及んでいるかも知れません。

なぜなら、これらの犯罪は、よくよく注意して、さらに倍率の高いルーペや顕微鏡を持っていなければ絶対に気付かない犯罪だからである。
奴らは、誰にでもすぐにバレてしまうような手口は決して使わない。
私たちが、当たり前のように思っている(空気や水のような存在)日常の中に、それを仕掛けているのだ。
だから、余程、注意深く感が鋭くなければ、絶対に気付かない。
そして、長年、騙し続けられているのだ。
それは、「騙されている…」と気づくから、騙されたといえるのであって、騙されていることに気付かなければ、騙されていても、自分は被害にあっていないと自分勝手に都合よく思っているだけである。
その証拠に、まさか、裁判所からの特別送達が郵便法違反で送達され続けているとは、誰も気が付かなかったはず。

正直、奴らは、私たちより、はるかに狡猾である。

権力が与えられているから、不正を行うのか…

何れにしても現実は、

不正を行う奴らに権力が与えられ…
それを正そうとしている私たちに権力が与えられていない…

それでも、たった一つ、確実な方法がある。

みんなで結束することだ。

唯一、裁判で争おうにも、法的権利を偽の特別送達で不当に剥奪され続けている。
判決内容ばかりに気を取られ、それが入っていた封筒が偽物だった…なんて。
粗悪な品を、有名百貨店の包装紙でくるめば、高級なものだと勘違いする…そんな盲点を突いた、姑息な手口だったのに!

商品は包装紙より、中身が重要ですが、裁判でいう「送達」は、中身の判決文より封筒が重要なのです。

適正な経緯を経て届けられたものだけが有効な法的効力を有するのです。

あなたに、法的権利があるかないかをはっきりと証明するものだからです。

さて、長くなりましたが、次回から上記企業が仕組んだ罠の手口を順に紹介してまいります。

impactその前に、静岡弁護士会が運営する静岡弁護士共同組合における裁判記録の謄写不正を紹介しておこうと思います。

|

« 市役所が戸籍改ざん…裁判所と法務省もグルか!? | トップページ | GoogleツールバーのPageRank表示が変えられた! »

法曹界の不正に手を貸す企業!」カテゴリの記事

コメント

>必ず本人訴訟に切り替えたほうがいいのです
その通りです 二審で高い私選費用を払い逆転無罪は必至と 暫しの牢獄暮らしの粋狂に浸っていたところ 控訴趣意書に悩む様子から不審を覚え やはり一審を追認する事後犯弁護人でした。
刑事でも自己弁護が出来たなら 今頃はこんな陰気なブログには関っていなかったかと ああ無情。

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100610.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2011年1月19日 (水) 07時27分

遂犯無罪様。
刑事事件では国選、私選問わず必ず弁護士を付けなければならないでしょう。
刑事事件で本人訴訟というのはありませんからね…

この点にしても、弁護士が弁誤士に豹変し、冤罪という人権侵害で社会から抹殺しやすい仕組みとなっているようですね。

だからこそ、普段から法律を勉強しておくことの重要さが理解できるかと思います。

刑事、民事にかかわらず、法律を知っていれば、おかしな弁護をする弁誤士に対し、書面の内容を書き直しさせることも、また、嘘の説明をしていることなどもわかるようになるのです。

でも、検察自体の信用は、例の事件で失墜してきています。
さらに、チュニジア?(違っているかも)で、警察によるいきすぎた国民監視に対する暴動が起き、ひっくり返ることがないといわれていた政権がひっくり返ったようです。
我々の力で政権を変えられた…と国民は、おお喜びです。
日本は…??cat

投稿: 黒猫 | 2011年1月19日 (水) 10時02分

さいたま簡裁・上田書記官宛の本人受取限定郵便は早くも未来時間の表示です

http://tracking.post.japanpost.jp/service/mobile_search.do?reqCode=10756034870&searchKind=S001&sqlFlag=M&start=%8AJ%8En

投稿: 遂判無罪 | 2011年1月19日 (水) 16時20分

既に30分先の発送時間表示されています この先もおかしなことになるかと。
郵便窓口嬢が言うには料金後納郵便は今でも変わらないそうです またこの本人限定受取郵便は特例と普通があり 以前も特例にしましたが 受取人に電話を入れてからの配達だそうです。
これで往路と同じルートを辿れば面白くなります。

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110117.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2011年1月19日 (水) 17時01分

すみません 慌てたもので お尋ねするのは料金後納郵便のスタンプです
これは裏から写したものですが局名がありません これはこれでいいんでしょうか?

投稿: 遂犯無罪 | 2011年1月19日 (水) 17時06分

遂犯無罪様。
>これは裏から写したものですが局名がありません これはこれでいいんでしょうか?

本来なら、料金後納の認証を受けた支店の名前が印刷されています。

仮に印刷されていなくても、料金後納の文字が隠れるように切手を貼ればOKです。

しかし、切手の消印が「さいたま支店」となっているようですから簡裁からの特別送達としては、おかしいということになるのです。

簡裁が差出したのであればさいたま新都心郵便局の消印でないとおかしいということになります。

消印は公文書となりますから重要な証拠です。cat 

投稿: 黒猫 | 2011年1月19日 (水) 19時05分

はじめまして。
裁判所の不正を調べていて、たどり着きました。

ブログに書かれている内容があまりにリアルで、絶句!しています。
集団ストーカーと言われるものが、実際に存在する事、その正体も分かりました。

私自身は、現在、トラブルを抱えている訳ではないのですが、司法の現状は、あまりも嘆かわしいです。

もし、嫌がらせなどがあるようでしたら(おそらくあるだろうと推察します)、その内容も含めて、バンバン、公開して頂きたいと思います。

遂犯無罪さまのことは、多分、「阿修羅」という掲示板で、別のHNで投稿されているのをお見かけしているように思います。

まだ、細部まで読みきれていませんが、じっくり勉強させて頂きます。
また、宜しくお願いします。

投稿: 真理子 | 2011年1月20日 (木) 18時56分

ところで、黒猫さまは、「公共問題市民調査委員会」の方々とは、既に、連絡をお取りになっていらっしゃいますか?

こちらに、司法の被害者の方が大勢(数百人ぐらい?)いらっしゃるようです。
http://www.justmystage.com/home/kunimoto/index.html

投稿: 真理子 | 2011年1月20日 (木) 20時18分

真理子様、はじめまして。
こちらこそよろしくお願い致します。

>嫌がらせなどがあるようでしたら(おそらくあるだろうと推察します)、その内容も含めて、バンバン、公開して頂きたいと思います。

そのとおりです。私が経験している被害…
最初は私だけ?と思っていましたが、とんでもない間違いだったのです。
私のような被害は、他のたくさんの皆様が受けているのです。

刑事、遺産、土地、民事…それぞれ事案が違いますが、すべて行き着くところ、弁護士や裁判所、検察、検察といった法曹界の犯罪という同じ線上に行き着くのです。

中には、被害を受けているにもかかわらず気付いていない被害者や、気付いているが、泣き寝入りをされている方も数えきれないくらい、いらっしゃるはずです。

いつ、何が起こるかわからない世の中です。
裁判を経験したことが無い方も、今はネット環境がありますから、イザというときに備え、法曹界の犯罪の現状をしっかり把握しておいていただければと思います。

私は、私だけの問題であればブログなどは一切立ち上げない性格です。

しかし、日本の法曹界の実態を知った時、これが、私たちの税金で賄われている国家公務員のやることなのか…しかも、絶対といっていいほど公平公正でなければならないはずの裁判所、少なくとも人権を守る立場のはずの弁護士…あろうことか、このような立場の人間が自分の懐を裕福にするために、善良な一般市民を欺いて、私利私欲に邁進している事実を全国の人たちに知らせることが先決だと強く思ったのです。

これを、正さないことには、親、自分たち、その子供たちの時代も同じ被害に遭う可能性が高い確率で潜んでいるのです。

被害を受けているたくさんの人たちが、悩んで荒んでいくのを何とかしなけれなならないし、するべきです。

裁判の不正に対する運動として、いくつかの市民団体があるようですが、目的は同じですものね。機会があれば協力いたします。

本日はご訪問ありがとうございました。
これからもよろしくお願いいたします。cat

投稿: 黒猫 | 2011年1月21日 (金) 00時47分

こんにちは。
昨日は色々ありがとうございました。

昨日頂いた、偽判決文に関する情報資料が見当たらなくて困ってるところです。

昨日帰りに有楽町駅にあるビックカメラ電気屋で、
表示してみましたが、表示されなくて、
店員さんに伺った時渡してましたが、
店員さんから資料を返してもらうのを忘れたまま帰ったようです。

法等に申し訳ございませんが、
もう一度お願いできればありがたく

投稿: 安 淳徳 | 2011年1月21日 (金) 13時20分

安様。
>店員さんに伺った時渡してましたが、
店員さんから資料を返してもらうのを忘れたまま帰ったようです。

そんなものを店員に渡すという行為自体が軽率で大問題でしょう。
しかも、忘れてくるとは!
今、すぐ行って取り返してください。cat

投稿: 黒猫 | 2011年1月21日 (金) 14時21分

これは未だアップしていませんが 再送達申立にも関わらず faxで済ませようとしています これに従うアホと見込まれたようです。

書留は現在も保管となっていますが 通知が届いた・・とは変です 書記官の電話番号を書き込んでおり あえて通知書とは不自然です もちろん郵便での送達は譲りませんが 何を考えているんでしょうネ。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/110121.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2011年1月21日 (金) 19時07分

遂犯無罪様。
本人限定郵便は、電話番号が記載されていれば郵政は電話で本人に伝えます。
電話番号が記載されていない場合に通知書を出します。HPにもそのように記載されていましたよね。
なのに、わざわざ通知書なんて胡散臭いですね。

>これに従うアホと見込まれたようです。

表現がおかしくて…
思わず笑ってしまいました(´,_ゝ`)プッ

**********

もうひとつ、この書記官は重大な墓穴、掘っていませんか?

書記官からの「事務連絡」という書面の冒頭3行の言葉です。

annoyさいたま簡裁の書記官宛の本人限定郵便の通知書は、さいたま新都心支店から届いたと記載されていますね。annoy

この記載は、さいたま簡裁宛の郵便物は、さいたま新都心支店が配達するということです。
逆に、さいたま簡裁からの郵便物は、さいたま新都心支店を経由するという証明でもあるのです。
要は、さいたま簡裁からの郵便物は、さいたま新都心郵便局を差出局と定め、さいたま新都心支店を経て各県へ。

さいたま簡裁宛ての郵便物は、各県からさいたま新都心支店を経由してさいたま簡裁に配達されるということ…Wikiの記載内容のとおりに間違いないということです。

すると、さいたま簡裁からの期日指定の書留
11420945266の追跡表示が、さいたま支店が引受、発送となり、さいたま新都心支店も表示されておらず、あなたに送達されたという事実は、あきらかに民訴法違反、加えて郵便法違反により、無効=効力なし…ということを書記官自身が裏付けたようなものです。cat

投稿: 黒猫 | 2011年1月21日 (金) 20時19分

保管をするのは集配する”さいたま新都心郵便局”ではないのですか 確か東京高裁宛の本人限定受取郵便は銀座支店でした。
まあさいたま新都心郵便局とさいたま新都心支店は同じ建物ゆえどうでもいいのでしょうが 確認する必要はありそうです。

ところで現在進行中のこの被告が原告の狂言訴訟は原告尋問が山場です こいつの名前を検索すると時々に支援者のブログが浮上したりします やはり被告側は過去の記事から調べている様子
2006年6月の犯行ですから時効完成には二年以上あります たぶん提訴したのだから情況が悪くなったら取り下げればとアホらしい考えでしょうが これらをメールで伝えた直後の殴り込みでした わが身が置かれた立場が判ったようです。

従ってこいつを提訴した簡裁で敗訴になる要因は全く見当たりません 訴状から認諾しかないかと。
まあ勝敗よりもこの墓穴を掘った裏送達の方が話題性も公益面もあり適法な送達は譲りません 月曜日は15年前の誣告者の片割れを提訴した和解席の三回目です。
しみったれ訴額30万に被告はゼロ回答 これを裁判長は15万で被告を説得 虚偽告訴で投獄・・この賠償が15万とはギネスものです。

投稿: 遂犯無罪 | 2011年1月21日 (金) 21時00分

遂犯無罪様。
本人限定郵便は、3種類とも通知書送付となっています。
また、お渡し窓口はいずれも郵便局となっています。
保管は局という決まりなのでしょうかね?
" rel="nofollow">http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/honnin/cat

投稿: 黒猫 | 2011年1月21日 (金) 22時38分

遂犯無罪様。
貼付けエラーです。
URLは、こちらです。
http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/honnin/

投稿: 黒猫 | 2011年1月21日 (金) 22時41分

さいたま簡裁には この違法送達の事実と判決書の適法な送達を申立てた意見書を添えて 期日請け書に同意します。
判決の送達ルートが勝敗よりも興味があります。

投稿: 遂犯無罪 | 2011年1月22日 (土) 08時29分

遂犯無罪様。
さいたま簡裁の管轄外で、しかも局ではなく支店の引受扱いの書留で期日指定の通知を当事者に送達するのは、さいたま簡裁が訴状を受理したように装っているだけです。
偽装受理ですね。

だから、民訴法と郵便法に則った送達を行えないのです。

こうなると、法的に、あなたの行為も裁判所の行為も一切が無効ということになるのです。
もちろん、裁判所はこれらの法律行為が無効であることは知ってのことです。

訴状提出という行為を裁判所が法に則って受理していない…ということは、憲法で保障した私たちの裁判を受ける権利を妨害しているということです。

これは、国内外問わず、大変センセーショナルな事件となりますし、第一、日本の信用はすべて失われることを意味します。cat

投稿: 黒猫 | 2011年1月22日 (土) 11時55分

黒猫様。
ご無沙汰しています。いよいよ知人の裁判が明日に迫りました。当日は裁判記録の閲覧や、私達の裁判についての説明等で黒猫様のお時間を長時間頂く事になると思いますので、宜しくお願いします。それでは明日、法廷でお会いできるのを楽しみにしております。

投稿: ブチ猫 | 2011年1月24日 (月) 09時30分

ブチ猫様。
明日、お約束の件ですが、つい先ほど急に入った午前中の私の私用でどうにも間に合わなくなりそうです。
直前で大変申し訳ありませんでした。
お詫び、申し上げます。

そこで、特別送達の書留番号がわかっているのがありましたら至急、教えてください。
11桁の番号のみと、地裁か高裁かを書き込んでいただければでOKです。

まずは、そこから判断し、裁判が偽装か本物を判断してみたいと思います。
人様の裁判が偽装か本物かを安易に判断するのは避けるべきですし、そのうえで、できるだけ正確なコメントをしたいと思います。

偽装かどうかの証拠がなければ、裁判官の心証で片付くのが裁判です。
封筒は保存されているのでしょうか?
また、特送を受け取られて3か月以上経過されていると追跡データが消されている可能性が高いのです。
それとも、判決文を裁判所に取りに行かれたのでしょうか?

今の段階で、これらが無いとすれば、高裁での判決を特送で受け取って保存するようにしてください。cat

投稿: 黒猫 | 2011年1月24日 (月) 13時37分

お会いできるかと思ってましたが、とても残念です。
今後のご活躍期待しています。

投稿: ブチ猫 | 2011年1月25日 (火) 05時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 市役所が戸籍改ざん…裁判所と法務省もグルか!? | トップページ | GoogleツールバーのPageRank表示が変えられた! »