« 静岡地裁が行った裁判官忌避申立ての偽装手口! | トップページ | 特別送達の封筒、捨てずに持っているとでもいうのか!? »

黒木氏も偽公文書に気付いている!

http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki/18212688.html

up

岩手公安委員会を騙って送達された、岩手県警幹部の自作自演の偽公文書!

どうですか?

これを、何も知らない一般人が手にしたら、もしも、あなたに送達されたら、あなたは偽物だと見破れますか?

立場と経験から黒木氏だからこそ、わかったのでは…?

私は、これを郵便法から見破ることができた…

その結果、私に送達された特別送達も、東京地検からの不起訴処分通知も、静岡県弁護士会からの懲戒に当たらないという通知も、裁判所を騙って、東京地検を騙って、静岡県弁護士会を騙って、裁判所が、東京地検が、静岡弁護士会が送達した偽公文書だった…

annoy裁判所が裁判所を騙って送達する偽公文書!

annoy東京地検が東京地検を騙って送達する偽公文書!

annoy静岡県弁護士会が静岡県弁護士会を騙って送達する偽公文書!

そして偽議決書は、ここにも存在しているdown

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/10/post-5646.html

日本という国は、憲法や法律で定められた人権というものを官僚や法曹界によって完全無視された異常な状態の上に築かれた、虚構の国だ!

さらにこれを後押しするマスゴミ(増すゴミ)によって、より強固なフィクションの国に住んでいる…Σ( ̄ロ ̄lll)sweat01

       なにかと年末は、ゴミが増しマス…cat

|

« 静岡地裁が行った裁判官忌避申立ての偽装手口! | トップページ | 特別送達の封筒、捨てずに持っているとでもいうのか!? »

怪しい三保交番」カテゴリの記事

コメント

和解勧告の裏にある裁判所の陰謀

3時の和解席に5分前に着いたが、既に渡邊弁護士は面談室に入っていた、約40分後に裁判長との面談となり 終了時に渡邊弁護士が現れたが 気さくな先生は目を合わせず挨拶もしないで終えた
思うに・・被告・園田洋子への代理人委託は国がした 着手金も払わない被告としては和解金支払いの意味など判らない それ故に前回では園田義明との併合で和解の打診をした しかし園田義明は拒否した 仕方なく裁判所は15万円で総て解決する和解をすべく渡邊弁護士に強要している?

4回目に訪ねて来た渡邊弁護士は歩行も覚束ない園田義明を伴っていた 残命はごく短い様子だ あの世まで罪と共連れする気だ 過去二回の訴訟代理人である渡邊弁護士は 事件の真相を握っている 国と不遜な被告の板挟み・・弁護士稼業も大変です 
犯行現場の法廷検事・鶴田小夜子 二審の佐藤文哉裁判長 そして直接犯の園田の鬼門入り・・しかし法曹犯罪証拠はいよいよ新鮮で不滅です。

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/101223.jpg.html

投稿: 遂 | 2010年12月23日 (木) 11時42分

1996年12月24日 刑の執行から15回の正月を迎えるが 未だ事件の解決は雲煙の彼方です
しかし今年程に検察犯罪が社会報知された年はなく 風向きが変わってきたのは三度のデモ参加で体感した

年明けは日弁連に初めての人権救済申立 そして東京地検特捜部が不起訴処分とした 行政と貧困ビジネスSSSの裏帳簿疑惑を検察審査会に審査申立をします。
アナライザーを切っていますが 立ち上げて5年近くの変わらぬアクセスが何よりの鋭気の元です


これも明るい話題 官僚も浮浪者も精神的苦痛の対価は同じ 幾多の先達が試みた公務員の個人責任の追及であるが 是非共に勝ちって戴きたい

村木さん、国家賠償提訴へ「違法逮捕で苦痛」
郵便不正事件で虚偽有印公文書作成罪などに問われ、9月の1審・大阪地裁判決で無罪が確定した厚生労働省元局長・村木厚子さん(54)が、大阪地検特捜部の違法な逮捕・起訴で精神的苦痛を受けたなどとして、国と前特捜部長・大坪弘道被告(57)(犯人隠避罪で起訴)ら3人に計約3600万円の支払いを求める国家賠償請求訴訟を東京地裁に起こすことがわかった。27日午後にも提訴する。

同事件を巡っては、最高検が24日、「村木さんを起訴すべきではなかった」とする検証結果を公表したが、村木さん側は「身内の検証には限界がある」として、訴訟で捜査の問題点を独自に追及する方針だ。

他に訴えの対象とされるのは、元主任検事の前田恒彦被告(43)(証拠隠滅罪で起訴)と、村木さんの部下だった厚労省元係長・上村勉被告(41)(1審公判中)を取り調べた国井弘樹検事(35)(現・法務総合研究所教官)。国賠訴訟の被告に個人3人を加えた理由について、村木さん側は「いずれも故意に違法な捜査をした人物。検察組織だけでなく、個人の責任も問いたい」としている。

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/101226.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年12月27日 (月) 16時48分

12月28日午後4時 帰宅したところ玄関前に坪井がおり 突然に無言で顔を殴られ眼鏡が飛んで傷付いた そして坪井は大声で暴行されたと叫んだ いわゆる転び公妨の手口 やはり相当なワルである 近所に向けてこの男はム所帰りの前科者と吹聴した挙句 携帯から暴行されたと110番通報した 数々の偽名や写真から逃げる様子は何かある またも墓穴を掘ったか坪井隆作
二台のパトカーが着いたが坪井は”入居者以外立入り禁止”にも関わらず入り込み中から閉めて出てこない

分乗して本署に行ったが 被害者通報でなく警察も訳が判らない 刑事告訴の進言をしてついでに我が刑事弾圧事件の本拠地である懐かしの八王子本署で演説をぶち上げた
やはり学生たちの悪ふざけを奇貨として狂言事件を創出したに相違ない この情実を被告側に伝えたい
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/101228.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年12月28日 (火) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 静岡地裁が行った裁判官忌避申立ての偽装手口! | トップページ | 特別送達の封筒、捨てずに持っているとでもいうのか!? »