« 裁判所の上司が「債務名義なんて偽造すればええんや」と… | トップページ | 検察官・裁判官の天下り先「公証役場」はグル! »

京都家裁書記官の犯行は氷山の一角…

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/11/post-b103.html

このニュースで証明された事実は、

書記官が、偽の判決文を作成しているという事実である!

京都家裁書記官、広田照彦被告(37)の事件は、氷山の一角にすぎない。

これは、たまたま、偽造判決文だとバレたからニュースになっているだけだ。

同様の行為は、今現在でも、バレることなく全国各地の裁判所で行われているはずだ!

|

« 裁判所の上司が「債務名義なんて偽造すればええんや」と… | トップページ | 検察官・裁判官の天下り先「公証役場」はグル! »

裁判所の不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 裁判所の上司が「債務名義なんて偽造すればええんや」と… | トップページ | 検察官・裁判官の天下り先「公証役場」はグル! »