« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

検察官・裁判官の天下り先「公証役場」はグル!

元京都家裁書記官の偽造判決文の不正行使事件と同じ手口で、「公証役場」と結託して行われていたら、それは恐ろしい…

「公証役場」も不正裁判に加担し、一般国民の財産を騙し取る!

遺言書を偽造したり、戸籍を改ざんしたり…

そうして、法曹関係者によって実際の法廷を不正に使用して偽装裁判が行われ、偽装判決文が郵便法に違反した偽装特別送達で送達されてる…

danger危険な「公証役場」… http://yuigon.us/

刑事訴訟法も、民事訴訟法もみんな「絵に描いた餅!」

| | コメント (0)

京都家裁書記官の犯行は氷山の一角…

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2010/11/post-b103.html

このニュースで証明された事実は、

書記官が、偽の判決文を作成しているという事実である!

京都家裁書記官、広田照彦被告(37)の事件は、氷山の一角にすぎない。

これは、たまたま、偽造判決文だとバレたからニュースになっているだけだ。

同様の行為は、今現在でも、バレることなく全国各地の裁判所で行われているはずだ!

| | コメント (0)

裁判所の上司が「債務名義なんて偽造すればええんや」と…

皆さんの記憶に残っているでしょうか?

偽造した判決文を使った詐欺などの罪に問われた元京都家裁書記官、広田照彦被告(37)の事件…

広田照彦被告は、公判で、裁判所職員のモラルの低さを指摘。

そのなかで、「名義なんて偽造すればいい」という上司の言葉を引き合いに出すなどしたという。

裁判所の上司の、この言葉が犯行のきっかけになったと強調していた。

ところが、判決はその主張をいれず、逆に「犯行の悪質さは前代未聞」と指弾した。

あくまでも裁判所は、この上司の発言を法廷で認めることなど出来なかったのだろう…

事実だから、絶対に隠したかった…とか…

広田照彦被告は、17年、京都家裁園部支部に異動。

ここで仕事や人間関係のストレスをためていったという。前任者の引き継ぎはなく、当時の上司の書記官は検閲印を広田被告に預けてしまった挙句、この上司は遅刻を定時出勤に偽装していた。Σ( ̄ロ ̄lll)sweat01

元裁判所書記官であった広田照彦被告自身が裁判所職員のモラルの低さを指摘しているくらいなんだから、裁判所の調書の偽造や、判決文の偽造など朝飯前だ!

しかも、上司から、「名義なんて偽造すればいい」などと、驚くべき指導が裁判所で行われているなんて、裁判所が公正公平な所とはとてもじゃないが言えない!

恐ろしい限りだ…Σ( ̄ロ ̄lll)sweat01

裁判所が公正公平な所だとしたら、冤罪も偽装裁判も郵便法違反の偽装特別送達も、あり得ないし、弁誤死も存在しないだろう。

「犯行の悪質さは前代未聞」として、懲役11年の実刑判決。

控訴しているんだろうか?down

http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/saitama/100325/stm1003252305010-n1.htm

この判例からすると、静岡地裁の書記官であった杉山操、山下貴久、赤池敏思、東京高裁の書記官であった鬼丸高次郎などは、annoy懲役11年以上かも…

被告から、賄賂を受取った双方の弁護士と、書記官と、裁判官と、裁判所所長が結託して、郵政の協力を得て、原告の裁判を受ける権利を妨害し続けているのだから…

これこそ、「犯行の悪質さは前代未聞」である!!

| | コメント (0)

実は、私は東京高裁の書記官です…!?

抗告人である私は、東京高等裁判所の書記官です。

証拠は、こちら…down

Pict0001 ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャsweat01

                                                          

                                        これは、静岡地裁の担当裁判官「堀内有子」の忌避で東京高裁に抗告申し立てを行った結果を「通知書」という名目で東京高裁の書記官「鬼丸高次郎」が、静岡地裁にFAX送信した書面である。

私は、東京高裁において記録閲覧した際、この不思議な書面を見つけ、謄写専門のおじさんにコピーしてもらった。

書記官鬼丸高次郎の職印が押されていない…と、思って、ふと、下に目をやると、なんと抗告人の私の名前の横に裁判所書記官の職印が私の名前に書記官の職印が押してあった。

ふ~ん、やはり何かがおかしい…

東京高裁の鬼丸書記官から、白紙に職印だけ押してもらい、それを解任した元こっちの弁護士事務所(静岡)に鬼丸が郵送…

白紙の紙に、およその位置を決めて先に押印したため、その後に文章を印刷したら、押印の位置が書記官の鬼丸高次郎の位置ではなく、抗告人の私の名前の位置にきてしまった…という結果ではないのか?

それで、活字と印の上下関係が逆に…down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/post-ade2.html

最高裁からの書類も活字と印の上下関係が逆…down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2009/07/post-711a.html

この頃、書記官鬼丸高次郎は、私への特別送達の宛名を誰が書いているのかという私の質問に、絶対に答えなかったという不思議な背景があった…

特別送達の宛名の筆跡を答えないという、いや、正確には「答えられなかった」事情があったはずなのだ。

これら東京高裁からの特別送達は、全て追跡表示の内容が統括支店を経由していないなど、未来時間の表示など、明らかにおかしな動きをしており、郵便法に違反したものだった…down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2009/08/post-fcca.html

           **********

上記の書面は、もうひとつ変な記載がある。

                                                                      Pict0002 

                                                             

                                                           

                                                               申立てによる裁判官忌避に却下という文言はあり得ない。

棄却という文言はあり得るが…

ここでも、却下と棄却を取り違えている。

裁判官の経験がない、弁護士が作成した書面なら却下と棄却を取り違えることはあり得るだろう…

それとも、こちらが素人だからと、故意に間違った文言を記載してほくそ笑んでいるとか…

この世で、もっとも卑しい弁誤死だから、そのようなことも十分あり得る…

| | コメント (16)

必見!犯罪組織「警察」の恐ろしい実態!

拡散要請!

岩上安身氏のオフィシャルサイトの紹介。

仙波敏郎氏が語った「警察」の実態!!

岩波氏のインタビューで、仙波氏が語った内容とは…

国民の皆さん、必見です!down

http://iwakamiyasumi.com/archives/4597#more-4597 

動画は、パート1から7までありますが、すべて必見の価値あり!

警察は、犯罪組織に間違いない!

警察は、腐敗した組織を守るためならなんでもやる…

警察は、腐敗した組織をさらに拡大、維持し続けるために冤罪をでっち上げ、その冤罪によって私たちの税金が大量に投入されて警察の裏金になる…

警察は、裏金を増やすために冤罪を作り上げているのだ!

仙波氏は、間違いなく黒木氏は「殺害された」…と思っている…と。

裏金作りのために、平気で冤罪をでっちあげ逮捕している事実からすると、警察、検察、裁判所がこれに加担していることが明らかである。

そもそも、でっちあげられた冤罪なんだから、裁判も当然、偽装裁判なんだろうね…

こんな犯罪組織のために、一度しかない人生を狂わされた人は許せない気持ちでいっぱいだろう…

こんな犯罪組織の警察を野放しにしておいたら、日本が潰れる。

黙っていたら本当にバカをみる。集団で立ち上がり、声を発するべきだ!

これから仙波氏を皆で守らないと…

           **********

annoy郵便物を不正操作する職員ばかりだから、郵貯も不正操作するんだねっ!

みんな、郵便局にお金、預けるとネコババされますよ~

ニュースになるのは、氷山の一角…泣き寝入りしている人も多いよ~

去年も富士で3億くらいネコババした女性職員がいたよ…

http://www.shizushin.com/news/social/shizuoka/20101110000000000071.htm

           **********

annoyおいっ、その前に、郵便物不正操作と郵貯のネコババをなんとかしろーっ!

http://www.shizushin.com/news/pol_eco/national_eco/2010111001000616.htm

| | コメント (5)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »