« 非通知設定を無効にされ、通話を転送! | トップページ | 必見!犯罪組織「警察」の恐ろしい実態! »

検察審査会が架空議決…?!

裁判所が偽装裁判(架空裁判)を行い、その判決文の送達は、特別送達で送達される。

ところが、その特別送達は日本郵政と裁判所が結託した架空の特別送達である。

その証拠に、特別送達に貼られた書留番号から、追跡検索すると、裁判所から自宅までの配達ルートがまったくでたらめである。

これは、私たち一般人が郵便物の配達ルートについてまったくの無知であることを悪用して法曹三者によって平然と行われているものである。

裁判所が架空裁判を行った結果の判決は、当然、架空の判決内容であるから、本物の特別送達で送達できるわけがない。

だから、郵政と結託して、架空の特別送達を送ってくるのだ。

架空の特別送達だから、正規の配達ルート(正規取り扱い)に乗れるわけがない。

だから、配達ルートがでたらめ(統括支店を経由していない等…)なのだ。

11桁の書留番号までもが差出局で扱われている正規の番号ではない。

従って、この11桁の書留番号が支配している個別番号10万件の郵便物すべてが、架空の追跡表示である。

この事実から、行われている裁判が偽装裁判(架空)かどうかが判別できるのだ。

さらに、このような同じ手口が、検察に対して行う告訴、告発、それに対する検察審査会の議決、弁護士会に対して行う懲戒請求、それに対する議決、日弁連への異議申し立て、それに対する議決…国家公安委員会に対する警察官の苦情申し立て、それに対する議決…等々に対して使われている。

このように、私たちに与えられた不当な国家権力や公務員に対する苦情を申し立てられる正当な手続保障の権利を、日本郵政と結託して不当に妨害しているのだ。

それが、送られてくる郵便物で判断できるということだ。

danger私のブログに記載してある追跡表示、特別送達等の画像が実際に偽装(架空)された郵便物です。(参考にしてください)

私は、法曹三者による、この卑劣な手口を発見したときから、検察審査会という組織や、その議決に関して、当然、同じ卑劣な手口が使われているということを知っていた。

ある議員は、この郵政の犯罪事実を私に仄めかした!

そうして、私が「クロネコヤマト」も同じことをやっていると言うと、なんと、その議員は「クロネコヤマトも、やってるよ!」…と、証言した!

クロネコヤマトの犯罪については、後日記事にするが。

そうして、追い風のように、検察審査会が架空議決を行っているのではないかと疑いを持ち始めた賢い国民が現れた。

やはり、感の鋭い国民もいるものだ。

そう、あなたの言われるとおり、検察審査会は過去にわたって、いくつもの架空議決を行って私たち一般国民を欺いています。

         down

http://sun.ap.teacup.com/souun/3546.html

         down

http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/c960809ad38f81ff7f16a361d9f0f27d

そして、衆議院のannoy「裁判官訴追委員会」も大量架空議決を郵便法違反で送りつけています。

まあ、このような手口が何十年も自民党政権下で構築されてきて、今まで誰も偽装裁判(架空裁判)に気付かなかったのは、誰も郵便物を疑わなかったからだ。

それに、誰も郵便法を知らなかった…特に第37条の重要さを…

この手口を構築したのが政治家と法律の専門家だ。

さすが、国民の盲点を悪用した手口ですな。

肩書き…ただそれだけで盲目的に信用し、媚諂う日本人の卑しい国民性を逆手にとった見事な工作ですが、国民が周知するのは時間の問題でしょうか…

まあ、裁判所が偽装裁判を行っているくらいだから、検察審査会が偽装議決するのもあたりまえ…って、こんな日本、許せるか!

|

« 非通知設定を無効にされ、通話を転送! | トップページ | 必見!犯罪組織「警察」の恐ろしい実態! »

東京地検の不正」カテゴリの記事

コメント

>賢い国民が現れた
7年前に書証で偽装議決を告発した賢い当方ですが このときの様子を「10月26日 検察審査会事務局に乗り込みました」
この中段付近に投稿しています 晴耕雨読さんは何故外しているんですかネ


八王子検察審査会を訪ね審査会事務長を追求しようとしたところ ロッカーの後ろに隠れて出てこない 応対した若い職員に抗議したが 
偽装議決への心証は真っ黒だ 間違いなく奴らは架空の審査会をでっち上げている。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/jikou001.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年10月27日 (水) 22時18分

●大阪特捜部のFD改竄どころじゃない
事故当時、中学生だった生徒2名の事故目撃調書を改竄した疑いがたれています。特にIさんは保護者の同伴もないままに調書を取られてたりしています。『バスは動いていた」と言う内容にされてしまったK君は「こんな内容になっているとは・・・」と驚いている。
http://littlemonky767.blog102.fc2.com/

本日に発売とか 検事面前調書の署名・指印を偽造したとあります わがお粗末名損事件と同種であり いよいよ胸突き八丁 壊す正念場かな。
そういえば二年前に 我が事件の活字化を元週刊現代の記者にお願いしたが 先日になり承諾するような話がありました。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/gizou001.jpg.html


投稿: 遂犯無罪 | 2010年10月28日 (木) 07時02分

新着!週刊記事

有罪証拠は裁判が終結するまで閲覧・謄写はできない 当方の事件では弁護人すら「検事が証拠を見せない」文書で伝えられた。
こんな刑事裁判は日本以外にあろうか!
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/bunshun.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年10月28日 (木) 10時35分

遂犯無罪様。
>間違いなく奴らは架空の審査会

200%偽装(架空)の審査会です!
小沢議員の架空審査は、氷山の一角。
私たち一般人が検察に出した告訴に対する不起訴通知が偽装(架空)通知なんですから、それを本物だと騙されて異議申し立てしたって、当然、検察と審査会はツーカーの仲であり、その事実を承知済みですから偽装(架空)議決を行い、平然としているのです。


確かに、須崎と須﨑は違いますから…
こりゃ、なりすましが筆跡をマネした!


>有罪証拠は裁判が終結するまで閲覧・謄写はできない

これ、はっきりいって人権蹂躙、完全冤罪システムでしょ!
これじゃ、どうして自分が捕まったのか理解できませんね。
このシステムからも、検察のストーリー通りに自白の強要をして、その後、それに合うように証拠を捏造する…この目的のために裁判が終結するまで見せられない。
冤罪だと叫んでも、すでに有罪として裁判は終了している。
自分たちが納めた税金で冤罪という濡れ衣を被せられ、その濡れ衣を被せた犯人の給料まで自分たちの税金で支払っている…
いやはや、ばかばかしくて…

法曹界の事業仕分けはどうした?!
特別会計の恩恵を一番受けているのが法曹界ですよっ!cat

投稿: 黒猫 | 2010年10月28日 (木) 14時06分

やはり検索妨害されています
この阿修羅の投稿記事 1から上がりません 他も同じです。

http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/608.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年10月28日 (木) 16時16分

第5検察審査会の架空審査疑惑を国会で突きつけた階猛議員
http://wajuntei.dtiblog.com/

投稿: 遂犯無罪 | 2010年10月28日 (木) 17時04分

遂犯無罪様。
検索妨害は、検察庁が行っている可能性があります。
私が経験したのは、法務省訓令である事件事務規程という規程を検索すると韓国語?のような表示にされて読めませんでした。

これは、それまで普通に表示されていた規程が、規程について検察に問い合わせた時から韓国語?表示にされました。

あまりにタイミングがよすぎて驚きましたが。
検察は事件事務規程に反したことを私たちにしているので、これを読まれると困るのでしょうね…
私は「キャッシュ」でしっかり読んでいましたが(笑)
本来、何人に対しても訓令や法については公にしておかなければならないはずです。
その上で、法の無知は許されないとなるのですから、条文を読めない状態に工作する行為は、反社会的行為で到底、許せませんね。

このようなことも平気で行うのですから、国民のブログについても検索妨害は朝飯前なんでしょう。


架空審査疑惑については、あちこちで盛り上がっていますね~。

私の民事裁判も遂犯無罪様の刑事裁判も、みんな架空裁判のようです。
だから、押印がおかしいとか、調書が違うとか、いろいろ出てくるんです…
法曹界の解体運動、始まるかも~cat

投稿: 黒猫 | 2010年10月29日 (金) 08時21分

>●大阪特捜部のFD改竄どころじゃない
紙数の関係で著者が云い足りないことを述べています
また検視・鑑定に対して積極的に活動されているようです

http://mikay.blog44.fc2.com/

投稿: 遂犯無罪 | 2010年10月30日 (土) 13時00分

遂犯無罪様。
この方は、バイク事故の裁判に詳しいですよね。
バイクがお好きなんでしょうか?

私の見解ですが、交通事故という裁判事案は、損保会社と弁護士、検察、裁判官による不正がもっとも行われやすい、いわば、被害者がカモにされやすい。
損保会社は弁護士、裁判官、検察と大いなる癒着がありますからね。

交通事故裁判は、かなりの数の裁判が白を黒に、黒を白にさせられているはずです。

裏で損保会社が、弁護士、裁判官、検察と結託して牛耳っている模様。cat

投稿: 黒猫 | 2010年10月30日 (土) 21時16分

警察側 全面的に争う姿勢 傑作(3)
2010/10/2(土) 午前 8:41

警察側 全面的に争う姿勢 (2010年10月01日 19:08 更新)
2年間にわたり、「たった一人の捜査本部」で追及してきた岩手県警 の「捜査ねつ造疑惑」が法廷の場で争われることになりました。

今回の「ブログ削除事件」はそんな矢先のこと。
いまや、地に落ちた警察・検察ゆえに、「さもありなん」。
そう思うのは、私だけでしょうか?
いずれにしても、削除された約65ファイルは、文章と画像を含めて本件裁判の肝をとらえたところばかり。後の復元にご期待下さい。

以下にIBCの番組URLと配信記事を添付します。
http://news.ibc.co.jp/item_14643.html

おととし宮古市で、当時17歳の少女が殺害され見つかった事件で、指名手配されている容疑者の父親が、警察を相手取って、指名手配の中止などを求める訴えの第1回口頭弁論が開かれ、被告の警察側は全面的に争う姿勢を示しました。
この事件はおととし7月、当時17歳の佐藤梢さんが宮古市川井の沢で遺体で発見されたもので、県警は佐藤さんの知人で田野畑村出身の、小原勝幸容疑者30歳を全国に指名手配しました。警察庁は最高100万円の報奨金で情報提供を呼びかけ、11月からは報奨金の上限を300万円に引き上げることにしています。小原容疑者の父親は「捜査には疑問が多く、息子を殺人犯と断定した指名手配は不当」として、県警本部長や警察庁長官などを相手取って、指名手配の中止や600万円の損害賠償を求める訴えを起こし、きょう第1回口頭弁論が開かれました。きょうの口頭弁論について、被告の県警や警察庁はコメントしてませんが、弁護士によりますと全面的に争う姿勢を示したということです。

削除攻撃封じ込めのために、転載可とさせて頂きます。
【拡散】とあわせてご協力下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/kuroki_aki/17161870.html#17161870

投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月 2日 (火) 20時08分

我が事件の警察犯罪を たまに投稿していたブログの主・黒木昭雄氏が自死されたとのニュースに驚いた
今朝のアップと思われるこの記事からも死因は疑わしい 鋭気を研いで追及する者が死を選ぶとは不審です。


投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月 2日 (火) 20時09分

これを阿修羅・日本の事件29に投稿しています そして約一時間後に同趣旨の投稿があります
しかし後の投稿記事のアクセス数はカウントされていますが 当方のは1で停止したままです 
ある程度になると表示されますが つまり当方のURLは検索させない妨害行為がされている証左かと。

http://www.asyura2.com/09/nihon29/msg/610.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月 2日 (火) 21時57分

遂犯無罪様。
黒木昭雄氏の突然の自殺報道。
謎ですね…
黒木氏は、亡くなる直前にもいつもどおりに記事をアップされています。
しかも、今年7月、ご自身が探偵業を始めるために公安から営業許可状までもらっています。そして2ヵ月後の9月にはその探偵業のHPまで立ち上げています。
このような経緯からしても、「自殺」は、あまりにも不自然です!


思うに、黒木氏が追求している岩手県警事件に関する裁判が始まり、黒木氏が法廷に出る可能性や、一方で指名手配犯に掛けられた懸賞金のカラクリなど、黒木氏の存在が警察にとっては不都合なことばかりだったと…


…どう考えても、黒木氏の背景に他殺はあり得ても、自殺はあり得ないと思います。


こころざし半ばで亡くなられたことに、心よりご冥福をお祈り申し上げます。cat

投稿: 黒猫 | 2010年11月 3日 (水) 14時17分

この春に退官された原田氏は 高裁長官の下馬評が高かったが イソ弁となられた しかし検察検討会議委員になられたとは興味深い
だが委員に公金横領の前科者・但木が混在するとは期待薄
原田裁判長の判決書には数々の不審がある この疑問を在官中から文書で訊ねているが無視され続けている 
前回には一般書留で送達した 今回は本人限定受取で発送 押田書記官と同じく受取拒否されるか 否か興がある

総括支店の新東京支店を経由するのが 郵便法に基づく適正な送達 果たして・・
前回と同じく金曜日の同じ時間帯に投函しました
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/101105.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月 5日 (金) 22時42分

遂犯無罪様。
一般書留107-56-03208-1について。
やはり、前回と同じパターンで、東京多摩支店という統括支店から、銀座支店へ行く間に、新東京支店という統括支店を経由しなければなりませんが、追跡では経由していません。

この追跡表示は、日本郵政で正規に作成されているのではなく、それを装って、あなたの住所地を管轄する交番の警察官が作成している可能性があります。

法曹三者の不正を隠蔽する行政機関のひとつとして警察庁が各都道府県警察に指令を出しています。
警察は、各地域ごとに国民一人ひとりを監視できるネットワークを構築しており、法曹三者の不正を告発したり、それが政治的に影響を及ぼす内容の郵便物であったりすれば、その郵便物は郵政で受け付けたフリをして、警察の手に渡されています。
(行政の不正に気付いた人物は予め関係者によってターゲットとされているため、その人物が出したり受取ったりする郵便物は、マークされる)

郵政による正規の取り扱い規程から外れた、この郵便物は、最寄の交番にあるPCで郵政の追跡画面に不正アクセス、不正リンクを貼り、郵政から不正に流されてくる全く別の郵便物の追跡情報を繋ぎ合わせて、ひとつの書留郵便物の追跡内容を作成しているはずです。

そのために、引受という表示がなく、いきなり、発送という表示から記載されていたり、また、引受も発送もなく、到着だけが表示されていたり、統括支店の記載がなかったりと正規の郵政の追跡表示内容とは違う内容の表示となっているのです。

11桁の書留番号の法則を無視した挙句、郵便物の正規取扱いも完全に無視した郵便物となっているのです。

最早、これは、郵便物とは言えないのです。

この事実は、今までのどんな事件よりも重大な事件です。
これが、野放しになっているから不正裁判が無くならないのです。
検察や警察が不当な権力を行使できるのです。
法の仕組みや法律を理解すれば、郵便物が不正操作されているという、この事実がど
んなに重要なことかが解ります。

一生懸命に不正裁判だと騒いでも、判決文の送達や特別送達についての法的知識が全く理解出来ていない国民があまりにも多すぎます。
要は、郵便というシステムを軽視しているのでしょう。だから、理解しようともしない。

だからこそ、法曹三者は、この送達という部分に罠を仕掛けているのです。cat

投稿: 黒猫 | 2010年11月 7日 (日) 12時10分

続きです。
上記の書留は、保管扱いになっていますが、なぜでしょうか?cat

投稿: 黒猫 | 2010年11月 7日 (日) 17時16分

僕もそう思ったのですが 日曜ゆえ明日の配達になり 受取人限定からそうした表示がされるかと
何れにしろ比較する事例がないことには解りませんネ

投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月 7日 (日) 17時51分

東京高裁刑事4部 主任書記官・押田への本人限定受取郵便も同じ表示がされています。

この書留は受取拒否で返戻されています もしこれも戻れば愉しいものなりそうです 何しろ前回・8月は送達済みになっていますから。

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100816-1.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月 7日 (日) 18時06分

11.5デモで隣り合わせになった裁判被害者の方と話をしました
元市議の小川さんは弁護士と共謀した裁判長から全財産を取り上げれ3年もホームレスをしていたそうです 眉唾かなと思いましたが画像で拝見した

元千葉県柏市市会議員の小川達郎さんで、議員の時に、裁判所もからんで戸籍 を改ざんされたことで、柏市役所を訴えて裁判をおこし・・
http://www.casttv.com/video/3f4v3xq/5-7-video

投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月 7日 (日) 18時31分

遂犯無罪様。
受取人限定郵便でしたか…
そうすると、配達支店から受取人に電話等で連絡が入ってから、受取人が局に出向くか、配達を依頼するか…といった方法がとられるため、それまでは保管という扱いになるのでしょうね。

ところで、このように郵便物を不正操作されていると、受取人限定郵便であっても受取人以外の人物に渡される可能性が大です。
受取限定本人に渡すつもりであれば、なにも追跡をインチキ表示にする必要はありませんからね。

実例として私の場合ですが、静岡地裁の民事部宛てに出した裁判手続き用の郵便物は全部、とっくの昔に解任した、元こっちの弁護士事務所に配達されていたのです。

宛所以外の場所に配達しているために、追跡表示内容と11桁の書留番号の法則が破られているということです。

私たちが見ている追跡画面は、あくまでもPC上だけの表示ですから、偽の表示ならいくらでも表示可能です。
実際の郵便物が追跡画面どおりに動いているとか、表示された数だけ実際に郵便物が出されているとは限らないのです。
個別追跡ではなく、100件表示で追跡するとたくさんの郵便物が表示されていますが、その大部分が実際の郵便物が存在しないダミー表示です。

このような事実が、景表法違反であることも一般の国民は全く気付かないし、第一、景表法という法律も知らないのでしょうね。

このような郵政の不正は、契約法違反です。
私たちは、郵政に対し、契約による債務不履行で訴えることが出来るのです。
当然、これによって被った被害に対する損害賠償ができます。

何より、郵便物が操作されるって、気味が悪いです。

因みに、裁判や法曹界とは全く関係ない人たちの書留郵便物も追跡表示がでたらめになっています。
理由は、カムフラージュ目的です。cat


投稿: 黒猫 | 2010年11月 7日 (日) 18時47分

送達する内容はHPで公開しているものですから秘匿されても構わないのですが これが守秘となれば怖いです。
留置場の被疑者等が外部に発信する信書は警察で検閲されますが この内容を担当検事までが把握するのです。
これを逆手に取り起訴に持ち込んだのは潜入被告人たる叡智の技かと自画自賛していましたが 最近はこの考えを変えつつあります
つまり検事・裁判所の手抜きミスでなく 逮捕=投獄の裏手口処刑がされた。 

>デモで隣り合わせになった裁判被害の・・
この三人の方を結びつけたのは高裁前の大高さんとか その大高さん2日に逮捕されましたが その予見を言っているような画像に納得するものがあります。

http://www.youtube.com/watch?v=qIcmlk2Qtfk

投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月 7日 (日) 19時51分

遂犯無罪様。

検察、警察、裁判所、弁護士によって…
投獄の裏手口→不当な投獄の目的で、裏手口が使われたのかもしれません。

検察、警察、裁判所、弁護士が犯罪組織ですから、日本はもう終わっていますね…cat

投稿: 黒猫 | 2010年11月 7日 (日) 21時56分

本局で郵便追跡の不審を訊ねました 東京多摩支店も総括支店だそうです
東京多摩支店から新東京支店経由して銀座支店に入るのが通常ルートとのこと 但し量が多い場合には直接に銀座支店入りとなるとのこと
また未来時間の表示は有り得ず この装置はブラックボックス化されていて操作は不可能とのことでした

今の本人限定受取も返戻されそうですが 8月に戻った押田書記官宛を再びに送ろうかと これらを繰り返せば局の言う特例を看破できるかと。


恐るべき犯罪組織”警察”の実態!仙波敏郎氏の岩上インタビュー。

警察幹部(署長などの管理職)が毎年数百万円の裏金を懐に入れている。年間400億円の税金が横領されている。それは、戦後、警察発足と同時に、キャリア(30万人警察の500人のエリート)によって考え出された”組織ぐるみの犯罪”、今も営々と「日々営まれている」と言う。日常業務の勤務の仕事で、”犯罪”を行う組織は、ヤクザと警察だと言われる。「現職警官裏金内部告発」(仙波敏郎)を読み、外国記者クラブでの講演も聞き、とても衝撃をうけたが、今回のインタビューは、更に、具体的で”警察の腐敗の酷さ”に本当に怒りを感じる。警察を告発し続けていた黒木氏の死もあり、必見&情報拡散、願う!
http://iwakamiyasumi.com/archives/4597#more-4597 
 

投稿: 遂犯無罪 | 2010年11月10日 (水) 17時58分

遂犯無罪様。
東京多摩支店も新東京支店も統括支店ですよ。
あなたが出した郵便局から相手の配達支店である銀座支店までの配達ルートは、上記の2つの統括支店を経由しなければならないのです。


>但し量が多い場合には直接に銀座支店入りとなるとのこと

郵便ルートは、量が多い少ないで変更されるものではありません。
普通のルートとか、特別のルートとかはあり得ません。
どんな場合(テロとか以外は別でしょうが)でも規則に定めたルートを通ります。これが正規取り扱いとした法的根拠というものです。


>また未来時間の表示は有り得ず この装置はブラックボックス化されていて操作は不可能とのことでした

でも、未来時間は実際に表示されています。
操作不可能なのに、なぜ未来時間が表示できると思いますか?
これは、警察(交番)が郵政の追跡画面に不正アクセスしてターゲットの郵便物を不正に表示しているからあり得ない未来時間を表示できるのです。
不正アクセスは、もちろん郵政と警察が結託してのことです。要は、郵政が黙認しているのです。


>恐るべき犯罪組織”警察”の実態!仙波敏郎氏の岩上インタビュー。

昨日、晴耕雨読さんのブログで拝見しました。すべての動画を拝見しましたが、いやはや、本当に「恐るべき犯罪組織”警察”」という題名どおりの内容でした!

このことからしても、通話の転送目的で保安器を付け替えたり、郵政の追跡画面に不正アクセスして郵便物を不正操作しているのが警察だっていうことも理解できるでしょう。

annoy仙波氏は、黒木氏が警察組織に殺害されたとはっきり言っていましたね…

拡散のため、ブログ記事として記載しておきます。cat

投稿: 黒猫 | 2010年11月10日 (水) 19時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 非通知設定を無効にされ、通話を転送! | トップページ | 必見!犯罪組織「警察」の恐ろしい実態! »