« NHK9月11日の放送を見逃した方は | トップページ | 静岡地検で行われた仰天不正行為! »

出たーっ、検察庁!法曹界は悪徳総合商社!

法曹界は、悪徳総合商社!

先日の悪徳弁護会に巣食う悪徳弁護士といい、今度は検察庁かっ!

検察による冤罪の仕掛けがよくわかったよ!

今までに、何人の国民がこの手口で冤罪となっていることか…(`ε´)

裁判所も平気で調書をはじめ訴訟記録の改ざんをおこなっているけど、これも表に出せっ!

絶対に不正を行ってはならない法曹界で、大量の不正が毎日繰り返し行われている…

一度、検察も弁護士会も裁判所も解体するべきだ!!

国民の皆様、検察庁は裁判証拠の改ざんばかりではなく、検察にとって都合の悪い法曹三者の犯罪を訴える告訴状は、すべて握りつぶしています!

検察は、今回の郵政不正事件を取り上げているなら、検察自身が郵便不正を行っているこっちの不正行為はどうして調査しないのか?

shadow石井寛也検事

shadow宗像孝洋     

shadow大滝良二

  up

impact郵便不正及び職権濫用及び虚偽公文書作成同行使で至急調査せよ!

impact証拠はこれだ!

クリックしたら最後まで下にスクロールしてください。down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/cat21459328/index.html

我が国の法曹界は、悪徳総合商社です!

|

« NHK9月11日の放送を見逃した方は | トップページ | 静岡地検で行われた仰天不正行為! »

東京地検の不正」カテゴリの記事

コメント

出た~という程のこたぁありませんよ 法廷に検察証拠として提出していないのですから 作成になっても行使ではありません むしろ検察内部の浄化・良識と受け取られ兼ねない
我がお粗末名損刑事事件は有印虚偽公文書の総合商社 この新聞で高橋真検事の検面調書の偽造もあったと思い出したところです
何しろほぼ全面的に証拠能力が認められる検事面前調書 これを有罪証拠して懲役刑を科せられたのですから

たまたま同じ宿にいた関西の裁判所職員とこの新聞記事から盛り上がり 判決書を書記官が作成するのは日常的にされている また郵便法は”決め手”になる そして印字の下に職印については考え込んでいました

http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100924.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年9月25日 (土) 22時27分

遂犯無罪様。
>何しろほぼ全面的に証拠能力が認められる検事面前調書 これを有罪証拠して懲役刑を科せられたのですから

やはりそうでしたか…おなじ手口で検察庁は何人も冤罪被害者を出し続けているはずですね。悪徳弁護士と一緒になって!


>判決書を書記官が作成するのは日常的にされている 

これって、判決原本の作成のことですか?
私の場合は、解任したこっちの弁護士が判決原本を作成しているはず。作成権限が無いのに判決原本の作成を弁護士か書記官が作成しているって…法的に無効ですよ。
判決正本や謄本であれば、作成は書記官の職務ですが。


>また郵便法は”決め手”になる

そのとおりです。これこそ不正裁判であることを物理的に証明できる重要証拠です。
なのに、皆さんはこの重要証拠を得られる「送達」という行為をあまりにも蔑ろにしてきた…
素人は、プロセス(手続保証)を無視して結果(判決内容)に執着する。
私は、結果よりプロセスを重要視している。
プロセスに不正があれば、絶対に公正な結果は得られないからだ。
不正なプロセスを経た裁判では、やりとりする書類はすべて郵便法に違反させられている。


>印字の下に職印については考え込んでいました

そりゃ、考え込むでしょう。
認証という重要な職務を権限の無い者に認証させた…ということになりますから…
白紙委任状と同じ状態です。
これじゃ判決原本と同一の効力があるどころか、法的に無効になります。
「印字の下に職印」で、私は面白い書面をもっています。
まさに、書記官が印字の下に職印という不正を行っていて失敗した書面です。
印字の上に職印であれば、通常はこんなことは起こり得ないはず…ということが解ります。
笑える書面なので必見です。
近いうちに記事にしましょう。cat


投稿: 黒猫 | 2010年9月26日 (日) 01時41分

判決原文を書記官が作成するということです 公示送達の場合は新民訴法になってからは判断は書記官の職務になりましたが 通常の裁判でも多忙な裁判官に代わり書記官の作成がされているそうです
しかしこの職員(書記官?)義務である年休消化に仕方なく旅行しているとか 以下は紹介です。


大阪地検検事による証拠改竄事件で各コメンティタ-は「前代未聞の事だ」等と述べていたが、私は「相変わらずやっとるな」と思った。
 私がこのホ-ムペ-ジを維持し続け、折に触れて更新している意図は、私が実際に体験し、知った、我が国の司法の世界に厳然として存在している「暗黒」の部分を知って貰いたいからです。
ここを改善しなければ我が国の司法の後進性は放置され続ける事になります。
この八月十五日で六十五年目の終戦記念日を迎えます。
しかし私のささやかな戦いの終わりは未だ見えません。                                    
八月十五日が近づくと毎年のように先の戦争にまつわる体験談やエピソ-ドが放送されます。
今朝未明(2010,8,16)、2時半頃目が覚めて、明かり代わりに音声を消したテレビをつけたところ、思わぬ放送がされていました。
テレビ朝日の「ザ・スク-プSP」という番組で、「東京ロ-ズ」に係わるものでした。
我々の年代では名前を聞いたことがあるし、なにに関するものかは少しは知っているかも知れませんが、私は米軍兵士向けの日本の謀略放送であるということ位しか知りませんでした。
 
実は私が東京ロ-ズだと名乗り出た相葉戸栗という女性が「東京ロ-ズ裁判」で起訴され、有罪となったが、この裁判はル-ズベルト大統領が検察を指揮して起訴させたものだという驚くべき内容でした。
更に東京ロ-ズだと名乗り出た女性は兵士達を魅惑させた女性とは別人の須山芳枝という女性であったということ、有罪に持ち込むために、起訴された女性の作成したシナリオによって放送されたという偽証を検察が証人に強制したものであることを検証していた。
起訴した以上何が何でも有罪に持ち込まねば面子が立たないという理由と大統領の選挙への優勢を招こうという野望があったというのです。
私は日本の司法の後進性を指摘したいと考えていたのですが、アメリカは「でっちあげ先進国」であることを知り、愕然としました。
何十年も経って、或る記者の努力でこの事実を暴く発端が開かれたのです。
遅すぎたもののアメリカには事実を明らかにする自浄能力があったということです。
我が国もそうなることを願うばかりです。
 
http://www4.kcn.ne.jp/~koma/

投稿: 遂犯無罪 | 2010年9月26日 (日) 10時47分

紹介記事です

>警察や検察だけでなく、裁判官も冤罪を作り出している現況
 判検一体は歴史的なしきたりでありまして、起訴された事件の90%以上が有罪となる判例が、それを立証しています(笑)。
“「http://opinion.infoseek.co.jp/article/1035」

 裁判所がこういった冷静で客観的な判決を下して、検察批判をしなかった理由には2つ考えられます。一つは、検察と裁判所の関係に配慮して、検察を刺激したくなかったということ。いままで特捜が起訴した事件はほとんど有罪だったわけで、たとえ一審で無罪でも控訴審でひっくり返る。その意味で、裁判所は特捜の事件に対して検察に甘く、今回もそうだったということです。”

 前田検事逮捕も、最高検の従来のしきたりを踏襲していると考えます。つまり「前田検事をスケープゴートにして、国民の目を検察組織そのものから逸らすという計略」です。この時点で、前田さんの人権も名誉も保障されません。三井環さん、緒方重威さん、田中森一さんなど、霞が関の利権に真っ向挑んだモトケンが好例で、刑務所行きです。しかも、出所してのちペラペラ喋られると困るので仮釈はなく、満期(三井氏)。

>前田恒彦容疑者が不起訴、もしくは無罪になったら
>まだ有罪だと決まったわけでもないし、事件のこともよくわかっていないのに、人格を非難
 昔から小沢一郎さんは、検察庁(官僚)人事を「政治」がやるべきだ、と言っていました。取り調べの可視化、記者クラブの開放も。これらが現実の事になると違法な取り調べの実態や裏ガネ問題が明るみに出、既得権益が侵されて命取りになると強く恐れた検察と巨大メディアが小沢氏を葬ろうとしました。私は、小沢氏はいっそ強制起訴されたほうがいい、と思っています。グレーでイメージが定着するのではなく、無罪となり、検察が崩壊したほうがよい、と思っています。
 検察は今や最も強い権力機関となり、走狗のメディアを使って、政治・政局を自由に操作できるようになった。NHKのドラマ『龍馬伝』の台詞で頻りに「ニッポンを変える」と言いますが、脱官僚依存で今の日本は変わる、と思います。この前の選挙でも、争われたのは、実は、そのことだったのです。官僚か政治(国民)か、どちらが日本の主役ですか、と。また、既成の巨大メディア(メディアが捏造した小沢氏イメージ)と時代の申し子インターネットとの争いでもあった、と思います。真実を口にする郷原信郎さんなんかはテレビから締め出され、しかし、ネットで旺盛な発言を繰り返しています。メディアの力が削がれることで、社会が変わる、とも思うのです。
http://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/

投稿: 遂犯無罪 | 2010年9月27日 (月) 17時56分

以前にもお伝えしましたが いよいよ胸突き八丁 壊す正念場となり 日本司法をひっくり返す 憲政以来の司法維新の巨大なうねりが見えてきた

これは2000年7月に検事の偽造署名を伝えたときから界面下で動きが始まり 近年の再審請求事件続発もこの流れの中にあります 先日には三鷹事件も再審請求となりました

例えば”取調べの可視化のHP”これも以前には投稿などしていましたが今は閉鎖
http://www.kashika-suishin.com/
またブログ”弁護士と闘う”などもコメント欄は消えました その他に幾つもあります
司法問題に関心がない人でも近年は風向きが変わっている・・阿寒湖の民宿のご主人の感想には驚き感激しました

検事の証拠の改竄・捏造がミステークなどとふざけたことは言わせない こちとら司法権力の中枢に打ち込む超大型爆弾を抱えて14年半 しかし蚊帳の外に置かれているが 歴史の流れを変える当りやになったと自負している

投稿: 遂犯無罪 | 2010年9月28日 (火) 17時39分

遂犯無罪様。
最早、裁判所と検察と警察と弁護士が犯罪者なので日本は救いようがありません。

「常識」とされている事柄について疑うということをしないところが日本人の非常識なんです…

今回の検察組織による証拠改ざんが暴露され検察の実態が国民に知れ渡り、冤罪が作られていることをリアルに周知させることが出来た…

検察による証拠改ざんは今回だけではないだろう。過去にも必ずあったはず…

検察がこんな調子では、裁判員制度自体が正しく機能しなくなる。
裁判員が検察の証拠改ざんを見抜けなかったら…とおもうと裁判員自体が冤罪に加担することになる。

裁判員制度を導入した本当の理由が、検察による証拠改ざんが頻繁に行われており、一般人の裁判員に、検察の証拠改ざんが見抜けるわけもないから…という背景のもと、一般の裁判員を冤罪の加担者にさせることを目的としていた可能性も…

一般人の裁判員も一緒になって判断された結果だから「冤罪」などあり得ないだろう…と私たちを欺くには都合がよい。

だから、裁判員制度の宣伝にわざわざ「サクラ」を仕立てあげてまで裁判員制度の導入を実現させたかった…
さらに、なぜか一般人に判断の困難な凶悪事件についてのみ、裁判員制度を適用させていることの不自然さも…

裁判員制度は、検察による冤罪の「カムフラージュ」とも考えられる!

     **********

裁判所と郵政が結託して「偽装裁判」が行われている事実は、裁判所が組織的犯罪を犯しているのだから今回の検察騒動以上の騒ぎになることは確実…

裁判所が組織的犯罪を行っているのだから日本は何でもありの国だ!cat


投稿: 黒猫 | 2010年9月29日 (水) 14時45分

日頃に投稿しているサイトでの反応です

最近の、検察の腐敗振りを目の当りにするまで、遂犯無罪氏の投稿に対して適切な書き込みが出来ないで居ましたが、今回の事で投稿の信憑性が俄かに高まってきました。
中略
司法の組織や人間は市民の味方と言うより、国家公認のヤクザと言っても間違いではないのです。言うなれば、合法的に拳銃を持っているか非合法に拳銃を持っているかの違いだけなのです。

そしてとうとう極め付けは、今回の検察の不正行為です。イヤ犯罪行為と認定されたも同然です。

今や此の国の安全や正義をを守る者は居なくなったのです。政治家や官僚は私腹を肥やす事のみに汲々とし、財界は労働者を搾取する事に勤しみ、司法は正義を行う事を放棄して冤罪を増産し、愚民はその軽薄な政治を支持すると言う、情無い状態に成り果てました。

国民は誰しも自分の国に誇りを持ち、自信を持って生きて行く事を望んで居ますが、その国民を此処までスポイルしているのは、総て国のリーダーたちです。


ところで次の驚天動地は未だですか?

投稿: 遂犯無罪 | 2010年10月 2日 (土) 16時28分

遂犯無罪様。

>検察の腐敗振りを目の当りにするまで、遂犯無罪氏の投稿に対して適切な書き込みが出来ないで居ましたが、今回の事で投稿の信憑性が俄かに高まってきました。

なるほどー。経験者以外は、やはり裁判所や検察は正しい…などと洗脳されていたんですね。
だから、法曹三者の不正が国民になかなか広まらなかったということですかね。
マインドコントロールが解けて正気に戻った国民が多いです…今回の検察不祥事で!!


>ところで次の驚天動地は未だですか?

はい、失礼しました。
あまりにメジロ押しのため、どこから手を付けようかと…思案中でした。
今日、明日にでも新情報が記載されますのでお許しを~cat

投稿: 黒猫 | 2010年10月 3日 (日) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« NHK9月11日の放送を見逃した方は | トップページ | 静岡地検で行われた仰天不正行為! »