« 法律事務所であった本当?の会話 | トップページ | ヤッホー!ついに亀、去る… »

ギョッ…NTTと警察が!

telephoneやはり…そうだったのか…

保安器が無断で付け替えられていた件で、NTTの116と113に連絡をしたとき、NTTの対応がおかしいと不信感を持った…

普通は驚くが、「ばれたか~っ」…ってな感じの対応だった。

保安器はNTTの設備だから、NTTと家主の許可無く勝手に取り付けたり、取替えたりは犯罪だ!

その、当のNTTが、こんな対応なのだ!

ところで、集団ストーカー被害に遭っている人達は、盗聴されている可能性がある!

保安器を知らない人達は多いだろうから、そこに盗聴器が仕掛けられていても気付かないままだよね。

しかも、地域全体が盗聴されているってこともあるそうな…Σ( ̄ロ ̄lll)

こちらのブログで納得しましたよ。

NTTはCIAが生みの親…down

http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-927.html#comment43

実は、私はかなり前から、このブログに記載した国家犯罪といえるほど重大な犯罪について、CIAなどから得た手口かもしれないと思い始めていた…

アメリカも日本と同じ手口で郵便物を不正操作しているのではないか…と。

さらに、このブログは、信じられないところからアクセスがある。

ハーバード大学、アメリカのあるところ(最近、わかってビックリしているが書けない)

ヨーロッパのIAEA…までもが…なんで?(日本はIAEAの重要監視国なのです)

まさか、日本の国家犯罪をこのブログで知って、アメリカが日本の弱みを探っている?

考えすぎ…だよね?

日本語が解る人物が、たまたまアクセスしただけですよね?

杞憂であることを祈るが…でも、ほとんど毎日、「アメリカのあるところ」からアクセスがくる。これをどう解釈すればいいのか理解に苦しむ。

でも、アメリカが日本の事実を知ったら、日本売りが始まる…

そうして世界に知れ渡る…化けの皮が剥がれた日本の行く末は…?

アメリカが、円安ドル高を仕掛けてくるチャンスを狙っているのかも?

まあ、考えすぎで間違っているとしたら、すみません…

Illust1131_thumb

黒猫です…よろしくお願いします。

無料素材屋で見つけました…かわいいでしょheart04

|

« 法律事務所であった本当?の会話 | トップページ | ヤッホー!ついに亀、去る… »

電話がおかしい!」カテゴリの記事

コメント

ギョッ…弁護士が怯えた 何を見たか!

虚偽告訴を隠蔽すべく 起訴事実に触れず 争点を外す控訴事由とした 二審では公訴棄却と 訴追手続き打ち切りを主張すべきであった
判決時点でも絶対的控訴事由は余りあるほどにある そして決定的な弾劾証拠が照会請求で出た 釈放するしかない 
ところが弁護人が検事化して投獄を企てたのである 被告人に悟られないように この犯罪成立の構成要件に相当に焦心苦慮した様子である    


邪推と認定するからには そうした証拠が要る だから被告人尋問で供述証拠を捏造した 原田國男裁判長も当然に共犯者なのである
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/100610.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2010年6月 9日 (水) 12時45分

ところで…
保安器には実際に盗聴器は付いていたのですか?

投稿: 通りすがり | 2010年6月10日 (木) 18時36分

遂犯無罪、こんばんは。
返信が遅くなり済みませんでした。
遂犯無罪様の事件は、相手と相手の弁護士によって嵌められた虚偽告訴事件だった可能性もありますよね。
何しろ、裁判所や警察が組織犯罪を行なっているのですから…
その不当な公権力で、一般企業に圧力をかけ、一般企業も共犯者と化し、法曹界の不正に気付いた私達一般国民をターゲットにして
闇に葬るのです。
これが、日本の実態なのです。
賢い一般人しか気付いていませんが…

他は、自分の頭で考えることが出来ず、マスゴミに洗脳され、何が真実なのかわからないままの国民が大勢います。

さらに、法曹三者にとって都合の悪い事実はネット社会においても、通信妨害を行なってまで情報の不正操作を行なっているのです。

このようにして、卑しい法曹三者は自分達の地位、権力、金を守り続けているのです。
どんな手口を使おうと、もう、すでに多くの国民が気付き始めているのも事実…
一旦、崩壊し始めたら、あとは早い…
cat

投稿: 黒猫 | 2010年6月10日 (木) 20時47分

通りすがり様、はじめまして。

さあ…まだ解りません。
理由は、NTTと警察が立ち会わないためまだ、保安器の中のチェックがなされていません。

本来、NTTと私の契約が無い限り、無断で保安器を付け替えるという行為は違反ですし、NTTも契約上、そのように謳っています。すると、今回、NTT側は、保安器を壊されているわけですから器物損壊で警察に通報しなければならない立場です。
しかし、それをいまだかって行なっていないのはNTTが犯人ということになります。

私のほうは、無断で敷地内に侵入、自宅の壁に勝手に穴をあけられ、器物損壊ということになります。

私は、もよりの交番に事実を伝えましたが警察は知らんふりをしています。

ということは、NTTと警察が何者かを使って保安器を付け替えさせた…
自分で自分を捕まえることは出来ないため、私に対する言い訳に困り、思案に暮れているということでしょう。

盗聴器が仕組んであったら、それはそれで犯罪。仮に盗聴器が無くても、犯罪です。

しかし、ここまでやるその理由は、普通は盗聴目的で行なわれると考えるのが合理的というものです。

NTTも警察も、このような事を組織的に行なっているのです。cat

投稿: 黒猫 | 2010年6月10日 (木) 21時03分

続き…
書き忘れました。
他に、通信法、電波法などにも違反してきます。盗聴の傍受内容を他人にバラせば犯罪です。他人に話す目的で行なっているはずです。
私の電話内容は、個人が傍受して密かに楽しむような会話ではありません。
組織に通報して、はじめて傍受の価値があるというものです。
しかし、そのいずれをもってしても他人の家の保安器を付け替えるのは犯罪行為ですから許されないことは、明白です。cat

投稿: 黒猫 | 2010年6月10日 (木) 21時15分

ご丁寧な回答ありがとうございます。
いっそのこと自身で保安器分解してはどうでしょう?
事情が事情なだけに誰からも訴えられないでしょうから。


また時々覗きにきます。

投稿: 通りすがり | 2010年6月11日 (金) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530448/48572469

この記事へのトラックバック一覧です: ギョッ…NTTと警察が!:

« 法律事務所であった本当?の会話 | トップページ | ヤッホー!ついに亀、去る… »