« 責問権の行使 | トップページ | 異常な東京地検! »

恐怖の代表電話受付係

telephonesweat01 静岡地方裁判所の代表電話の受付係は、指示に従った白状したが…sign03

代表電話受付係の女性がとんでもない事実をしゃべった。

事件のことで度々、地裁に電話していたが、どうも電話が自分の要求どおりの部署に回されてはいない…という状況を感じ取った私は、受付係に直接質問した。

cat「あなたは、私が要求した部署にきちんと繋いでいますか?」

受付shadow「…あっ…あの、実は○○さんからの電話は全部民事部に回せと指示されていたので…」

cat「はあっ?誰に…どこから…」

受付shadow「指示は総務課から指示されて…えっと、それから民事部の山本典生書記官からです…」山本典生書記官は主任書記官です。shadowsweat01sign03

「あの…それで…○○さんから電話がかかってきたら声でわかるので…指示に従って…民事部にまわしていました…」

cat「はぁ…どうも変だと思ったsign01 あなたね、当事者が電話で総務課をお願いしますと伝えていたら、そこに電話を回すのが受付の仕事ですよね。」

「しかも、ハイわかりました、お待ちくださいって言ってたじゃないの?」

「それ、嘘だったってことなんだ…ひどいですね。sign01

danger静岡地方裁判所は、都合が悪くなると電話のたらいまわしリレーが得意です。

danger不正裁判は、郵便物のみならず、電話も不正操作されているんですね。

この後、静岡地方裁判所の組織ぐるみで行なわれていたという事実を知ることになっていくのですが…schoolshadowshadowshadowshadowshadowshadowshadow

danger裁判所の人材は腐っている。

|

« 責問権の行使 | トップページ | 異常な東京地検! »

静岡地方裁判所の不正」カテゴリの記事

コメント

黒猫様

今日は、横浜地方裁判所第1民事部で思い切りワメイテ参りました。

10月16日の口頭弁論調書がまだ作成されていないのです。

もう一ヵ月半も経つのにどうして作成していないのっ???

まだ調整中なのですってっ。自分の一存では作成できない感じでした。

口頭弁論調書の作成は書記官の独立した仕事ですから裁判官も口出しできないものなのになんか変ですよね。
また来るといいましたら、来る日を教えてくださいなんていうのです。
私の閲覧用の調書を作り帰ったあとで入れ替えるのかしら。それとも被告代理人と相談するのかしら。なにしろ被告代理人には大変な気の遣いようですから。裁判所と被告代理人との談合裁判です。

とにかく9階で申し込んでから閲覧できるまでに時間が掛かり過ぎるので閲覧に行く度に抜いているのではないかと。原告に見せられない調書ってあるのですね。書記官室でここで見せてとねばりましたがだめでした。9階でないと閲覧できないのだそうです。書類を抜くための時間稼ぎみたいに思えますが。

第1回目、第2回目の口頭弁論調書が白紙の紙に一から印字したものなので、裁判所の規定様式の口頭弁論調書用の用紙をどうして使わないの?と聞きますと、そういうのは知らない見たことがないって言うのです。

裁判官の印を押すところがあって裁判官の名前とかを記入したりする用紙があるでしょと言っても知らないそうです。準備書面を作成するみたいな感じで作成しているのです

5分で強行終結した口頭弁論調書の作成を一ヵ月半も調整しているなんて・・・何を調整するの?誰と調整するの?って聞きたいですね。


投稿: バイオレット | 2009年11月27日 (金) 22時23分

黒猫様
森英介法務大臣発行の指定書の印鑑は印刷でした。

朱色をしておりますが、ピカピカに光るつるつるの印刷の印鑑でした。

投稿: バイオレット | 2009年11月27日 (金) 22時30分

黒猫様
てっきり横浜地方法務局が主体で裁判しているのかと思いましたら、東京法務局のほうが主体でした。東京からわざわざ2名も来るのですから、横浜地方裁判所も東京法務局に気を遣い原告に答弁書の反論もさせずに強行終結した理由が分りました。
横浜地方裁判所には霞ヶ関の東京法務局が付いているのですから、どんな違法行為も平気で出来るわけです。
やっぱり鬼に金棒でした。

投稿: バイオレット | 2009年11月27日 (金) 23時23分

バイオレット様。
>10月16日の口頭弁論調書がまだ作成されていないのです。
>口頭弁論調書の作成は書記官の独立した仕事ですから裁判官も口出しできないものなのになんか変ですよね。

裁判官は、書記官の作成した口頭弁論調書の内容を確認して押印するのですから、一ヶ月も前の調書の作成が無いことに対し、何も言わないのは裁判官としてまともではないですね。

閲覧申請しても記録が来るのが異常に遅いということ、1ヶ月経過しても口頭弁論調書の作成がされていないこと、規定の用紙ではないこと、特送の件など、指定書の印はカラーコピーされたものであること…

バイオレット様の怒りはもっともです。

>5分で強行終結した口頭弁論調書の作成を一ヵ月半も調整しているなんて、何を調整するの?誰と調整するの?

口頭弁論調書は事実をありのままに作成するべきですよね。
逆に調整をすべきものではないし、かえって調整したら虚偽公文書になりませんかね。
調整などされたら、たまりませんって。sign01

森英介法務大臣発行の押印指定書がカラーコピーであれば、いくらでも偽の指定書が作成できますね。
これを防止するために、公文書には朱肉を使用する決まりのはずなんですが…

あたかも裁判が行なわれているように外形を装っているインチキ裁判ですね。shadowsweat01

だから、まともな形でまともな特別送達を送れないのですね。
まるで振り込め詐欺みたいに裁判所の業務が終了した夜、コソコソ隠れて差出す特別送達に、本物の認証司は決して押印なんかしませんよ。nightshadow

しかし、横浜地裁第1民事部って最悪ですね。静岡地裁もですが…cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月27日 (金) 23時46分

黒猫様

口頭弁論調書ですが、遂犯無罪様がUPされている調書の様式と前回の裁判の八王子裁判所の調書とは同じ様式ですが、横浜裁判所の調書の形式と同じものがインターネットで検索するとあるのです。

必要事項のみを書き込んでいくという書き方です。罫線は一切無くただ順番に書いていくというものです。とても時間が掛りそうな感じがします。静岡裁判所はどんな形式のでしょうか。

投稿: バイオレット | 2009年11月28日 (土) 02時11分

黒猫様
寝付かれなかったのでよく考えたのですが、第3回口頭弁論調書は作成されていると思います。
判決がでるまでに原告に読まれたくないことが記載されているので閲覧に行くと若林真吾書記官が抜いているのです。原告が閲覧して判決までに異議を唱える事を避けるためです。

当日は、原告と被告代理人が提出した答弁書等の書類の陳述の後に、原告が出した求釈明に対して北澤章功裁判官が「回答しますか?」と被告代理人に質問し、被告代理人が「回答する必要がない」と答えるとすぐに「結審します」と北澤章功裁判官が宣言し、原告が「待ってください!答弁書の反論をまだしていない!」と異議を唱えると、北澤章功裁判官が席を立ちさっさと退場してしまいました。
それらの事実が違う形で記載されているのだと思います。
北澤章功裁判官は、原告に対して答弁書の反論をしますか?とは質問しませんでした。

北澤章功裁判官が判決をだすまでに第3回口頭弁論調書を原告に読まれたくないのです。

投稿: バイオレット | 2009年11月28日 (土) 10時43分

判決に合わせて調書を偽造する
調書は絶対に偽造される
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/091128.jpg.html

投稿: 遂犯無罪 | 2009年11月28日 (土) 12時05分

バイオレット様。
>若林真吾書記官が抜いているのです。原告が閲覧して判決までに異議を唱える事を避けるためです。

なるほど!
1ヶ月も作成されないと内容すら忘れてしまいますから変だと思いました。
書記官が担当している裁判はひとつだけではないですからね…

annoyとっくに作成済みだけど、異議申立させないように閲覧請求の前に、抜き取っているんですね。

>北澤章功裁判官が判決をだすまでに第3回口頭弁論調書を原告に読まれたくないのです。

annoyこれが公正な裁判といえるんでしょうか?
こんな経緯を経て下す判決は、不当判決に間違いありませんねtyphoon

静岡地裁の調書は、ブログの画像にあるように裁判官の押印するところだけ枠があって、あとは全く枠がありません。
私の期日調書も規定の書式ではないかも…と疑っています。
解任した後の別の弁護士によって、私が要求していないのに送りつけてきた調書で、この弁護士は解任した弁護士の尻拭いをしていた事実から、これ見よがしに送られた調書は矛盾した内容ですからね。cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月28日 (土) 12時35分

遂犯無罪様。

なるほどね…

調書あっての判決ではなく、判決あっての調書…
まるっきり逆ですから、裁判所は当然、調書改竄や異議申立拒否など不法な手口を使うのですね。

punchannoyschoolshadowshadowshadowsweat01

今は、裁判所の不正や信頼性について各個人があちこちでネット等を通じて伝え合っているレベルですが、近いうち、大きな動きになる気がします。
また、これには報道関係が大きく関与している部分がありますから、私達は新聞社、TVなどの報道に対する公正さも同時に監督していかないといつまで経っても実現できなくなります。

要は、私達国民がレベルアップしないといけないってことです。
政権が国民によって変わったように、自民党のマインドコントロールから早く抜け出さなければ…

ありゃ…話が変な方向に行ってしまいましたかネ。cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月28日 (土) 14時07分

遂犯無罪様
裁判所の情報有り難う御座いました。
私は恐ろしい魔物の住む世界に足を踏み入れてしまったのですね。
民事なので訴訟費用と精神的肉体的苦痛だけで被害は済みますが、これが刑事事件で被告人にされてしまったらと思うと身が震えます。


投稿: バイオレット | 2009年11月28日 (土) 17時00分

そうですか こんな事を言えば顰蹙を買うのですが刑事も民事も鬱憤晴らしとオチャメ心で遂行したものです。
まぁそうした基底構造ゆえ司法牙城の突破者となったのでしょう。
裁判批判の会は当方のHPの二ヵ月後の立上げです インフォーマットとしてわがお粗末名損事件を使いたかったのでしょうが 先に裁判を正す会に取られ その憂さ晴らしが8号の”訴訟狂”かとw

またこの方とはメール交換してお元気そうでしたが昨年6月に音信不通となりました。
界面下での活動をしているものと願わざるえません そう遠くない日に劇的展開があるものと諸般の状況から楽観しています。
http://suzuki-okame.cocolog-nifty.com/about.html

投稿: 遂犯無罪 | 2009年11月28日 (土) 19時18分

黒猫様

指定書です。「のため」の前の空白にゴム印で、「被告 国」と押してあります。

第○○○○○○号
              指   定   書
               東京都千代田区九段南一丁目1番15号
                         九段第2合同庁舎

所属庁及び               東京法務局訴務部
その住所                部    付    ○○○○
官職氏名                法務事務官    ○○○○


上 記 の 者 を 国 の 利 害 に 関 係 の あ る 訴 訟
に つ い て の 法 務 大 臣 の 権 限 等 に 関 す る 法律に 基 き                         の た め
下 記 事 件 に つ き 裁 判 上 の 行 為 を 行 う 職 員に指 定 す る。

  平成21年5月25日
         法務大臣           森  英  介    印      
                    記        

原告 ○○○○           被告 国
横浜地方裁判所 
平成21年(ワ)第○○○○号  
損害賠償請求事件

投稿: バイオレット | 2009年11月28日 (土) 20時11分

バイオレット様

訴訟記録に綴られていた指定書が印刷だったんでしょうかね?

国の代理人に、指定書の原本を見せてもらうことは要求してみたらどうでしょうかね?

法務事務官○○○○のところに本人の押印はなかったのですかね? cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月28日 (土) 22時38分

バイオレット様。

なんだか、至る所にゴム印が使用されているようで…sweat01

極力、pencil自筆を避ける目的でゴム印を使用している可能性も捨て切れません。

国を相手の裁判がゴム印を使わなければ間に合わないほど、full訴えられているとは思えませんが…不思議です。cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月28日 (土) 22時49分

黒猫様
訴訟記録に綴られているのが原本だと思います。
裁判所に対して国の代理人であることを証明するのですから原本でないとだめだと思うのです。
もし、コピーをとるのでしたら黒白でないと原本と紛らわしくなるので禁じられているのではないかと思います。
ですから、カラーコピーであることがおかしいと思います。
訴務官と事務官の氏名のところには、印はないです。
これと同じものが横浜地方法務局に発行されております。
おかしいのは、以前にも書きましたが、横浜法務局への発行が5月29日なのですが、発行番号が古く(270000番台)東京の法務局への発行が5月25日発行で発行番号が新しい(280000番台)のです。日付と発行番号が逆なのです。
横浜法務局のは、上部に割り印が押されておりますが、東京法務局のは割り印がないのです。
時間がなかったのでどちらかの1枚しか確かめませんでしたので、もしかしたらもう1枚は本物の印鑑が押されていたかも知れません。
八王子裁判所は東京地裁の支部ですから、東京法務局が担当ですよね。

被告国と森英介と代理人の住所氏名、記からしたの事件の特定の部分が後で印字されております。
被告国という文字が小さく、また上の文字にくっついたり、下の文字に重なる部分があったりして分り辛いのと近いところが良く見えないのでゴム印と思ったのですが、もう一度良く見てきます。
裁判所の受領印が5月29日ですから、横浜法務局に対して東京の霞ヶ関で29日に発行し、横浜裁判所が29日に受け取るのは余りにも早くて不思議です。霞ヶ関と九段の東京法務局は近いのでしょうか。お役所がこんなにスピーディにお仕事するなんて表彰ものです。
第1回目の答弁書には、東京法務局の2名の記名の後に代と印字してあり、印鑑は、横浜法務局の訴務官の印が押されておりました。
第2回目の答弁書も同じです。
ということは、横浜法務局の指定書が本物で東京法務局の指定書がコピーということになります。
資格がないから「代」?代は代理の代?また分らなくなってきました。
代の上に横浜法務局訴務官の印鑑が押されているので東京法務局の2名の代理を横浜法務局がしていると最初は思ったのですが、1回目、2回目の口頭弁論調書を見ると東京法務局の2名の氏名と印鑑を押した横浜市の訴務官1名の氏名が記載されておりました。書類を作成しているのは、横浜法務局ということになりますが、裁判所には東京から来るほうが人数が多い。ややこしいです。

調書を見る時間がなくなったのは総務の上役の人が来て5時前まで話すので、もうコピーする時間が無くなるといって席を立ったのですが、コピーしながらも話したので、5~6枚しがコピーできませんでした。

倒れた裁判官の代わりにピンチヒッターとして第1回目の審理をした裁判官を探しに3週間ほど裁判所に通いましたが、見張りが付いているように感じました。

投稿: バイオレット | 2009年11月29日 (日) 00時51分

バイオレット様。
>もし、コピーをとるのでしたら黒白でないと原本と紛らわしくなるので禁じられているのではないかと思います。
ですから、カラーコピーであることがおかしいと思います。
   ↑
甲乙号証ではないのでそのとおりですね。
指定書の空欄部分ですが、「被告 国」という文字を記入するために空けてあるのは不自然です。

本文の空欄に、何か紙をあててコピーし、空欄になった部分に後から記載している可能性が高いです。

「被告国」という文言は、文を読めばあえて記載しなくても冒頭の2行でわかりますから…。

空欄部分に後から記入してあるなら、上から押印されていないと、何でも記入OKですから、こんな書面が重要な公文書としているのはやはりおかしいですね。


投稿: 黒猫 | 2009年11月29日 (日) 11時28分

黒猫様
指定書の空欄が長く空けてあるのは、被告国以外の文言を入れるために長く空けてあると思ったのですが・・・。たとえば○○労働基準監督署とかです。
ですから、本件のは、「東京地方裁判所八王子支部」と入れなければならないのではないかと思うのです。
そうでなければ、どこの部署が訴えられているのか分りません。
国家公務員の場合は、被告が国になりますから最初から空欄に被告国と印字して作成してもよいのかなと。それが空欄にしてあるとということは、他の文字を入れるためですから被告国以外に入れるとしたら、直接訴えられているところしかないかと思いました。
発行した国も控えは残すはずですから、被告国では、何処が訴えられているのか分らないのではないでしょうか。

投稿: バイオレット | 2009年11月29日 (日) 13時13分

遂犯無罪様
正す会の方の自己紹介文を読みますと、ここでも八王子支部が出てくるので驚きました。
東京地裁八王子支部は悪の巣窟みたいですね。

投稿: バイオレット | 2009年11月29日 (日) 13時33分

もうひとつ今は無き八王子支部の犯罪で未解決の大きな事件があります。
既に5年以上 この板への投稿は続いています。
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020085&tid=bgbb37fbbbjbbaa1a6no9aa4aa4ca4sbfm4vbbta4a4bba6a47bbv7oa1aa&sid=552020085&mid=611

投稿: 遂犯無罪 | 2009年11月29日 (日) 16時37分

バイオレット様。

>本件のは、「東京地方裁判所八王子支部」と入れなければならないのではないかと思うのです。

…ですよね。
「被告 国」なんて、元から「被告 国」用の内容の書面ですから、わざわざ空欄にして改めて「被告 国」を入れなければならないのは変です。

何もかもがおかしな裁判ですね。
裁判は公正である前提で、私達は訴訟費用を支払っているのに、こんな不正裁判なら、私達を欺いて費用を騙し取っていることですから、詐欺と同じです。

annoyみんなで、裁判所を詐欺罪で告訴したほうが早いんじゃないでしょうか?cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月29日 (日) 17時47分

遂犯無罪様。

八王子支部って、あちこちで問題が流されているようですね。
私も、同じように感じていました。

annoy八王子も入れて、裁判所を詐欺罪で告訴や告発すべきですね。

annoyおっと、静岡地裁と横浜地裁も忘れずに。cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月29日 (日) 17時52分

黒猫様
他の方の指定書見つけました。

http://blog.livedoorjp/tokyo4ku/archives/17979429.html

東京4区:国の利害に関係ある訴訟についての法務大臣の権限等に関する法律

のページですが、遂犯無罪様のように飛べる文字に変化しません。
ページの記号を書き込みましたが、その部分だけ文字が消えて投稿できませんでした。

投稿: バイオレット | 2009年11月30日 (月) 02時24分

送信すると記入されておりました。

投稿: バイオレット | 2009年11月30日 (月) 02時25分

そこでは、空白の部分に「被上告人東京都選挙管理委員会」と記入されております。

やっぱり、私の事件は、「被告東京地方裁判所八王子支部」と記入しなければならないと思います。

投稿: バイオレット | 2009年11月30日 (月) 02時30分

黒猫様
最初は、被告を東京地方裁判所八王子支部にしておりましたが、簡易裁判所の書記官に尋ねたところ、被告は、国で法務大臣になると言われて被告を国に訂正しました。
それで被告国と記入してあるのではないかと思うのですが。

投稿: バイオレット | 2009年11月30日 (月) 02時44分

バイオレット様、おはようございます。

>被告は、国で法務大臣になると言われて被告を国に訂正しました。
それで被告国と記入してあるのではないかと思うのですが。

いいえ、やはりバイオレット様が投稿されたように「~のため」の空白部分には「被告東京地方裁判所八王子支部」と記載されるべきではないでしょうか?

空白部分に、被告 国と入るのであれば、国と利害関係のあるものですから、全部「被告国」となって、空欄にしておく意味がありませんから。

国と利害関係があるものは全て、「被告 国」となりますから、個別に応じてどこが訴えられているのかを記載するために空欄にしていると思います。

上記のURLの「東京4区」を閲覧しました。ふと、思ったのですが空欄部分なんて本当は無いのかも知れません。
文言は、訴えられたらその都度作成されるのが事実ではないかと…

重要な指定書に、あとから文中に文言を記載するために空欄としている書式は不適切です。
その部分に付け加えたことを認める大臣の押印が必要になってきますよ。cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月30日 (月) 09時31分

黒猫様
朝の9時40分ぐらいに裁判所に行き今、戻ってまいりました。

取り敢えず、第3回口頭弁論調書が作成されていないことの異議申立と責問権の行使だけです。

若林真吾書記官は余裕の平気な態度でした。

裁判記録を閲覧しますと、なんと第三回口頭弁論調書が綴じてあるではないですか。
被告国は、答弁書と証拠類の陳述をしていないことになっておりました。
答弁書のタイトルが準備書面(1)になっていたので準備書面(1)だけの陳述になっているのです。書面の日付が10月16日と弁論期日になっていることも答弁書を準備書面にすり替えるためでした。
答弁書の特別送達の伝票も準備書面(1)となっており、郵便切手の袋にも準備書面(!)の切手1100円と記入されておりました。訴えの変更申立書の答弁と証拠類の提出ははしなかったことになっております。

横浜地方裁判所と国の代理人の検事達の罠にはまりました。
民訴90条を利用したのです。

6件の事件の閲覧をして指定書の印鑑見てくるのを忘れました。また行きます。
他の事件は、証拠類は前日か当日に出されていることが多く準備書面も3~5日前が多いでしたのに私は35日前とか11日前とかに決められてそれより後には一切出してはいけないことになっておりました。遅れて出すと無効にしたと思います。

投稿: バイオレット | 2009年11月30日 (月) 12時29分

法務省に指定書の件を問い合わせましたところ、各法務局に予め印刷したものを配布しているとのことでした。空欄には被告が国だと被告国となるそうです。
印鑑が印刷でも問題はないとこちらでは認識しているという回答でした。内部的なものとしての書類と考えているのでしょう。

投稿: バイオレット | 2009年11月30日 (月) 13時51分

バイオレット様。
民訴90条は、手続法に関する違背や不正を知った場合に、すぐに異議を出せというものです。
数ヶ月前の違背や不正にバイオレット様がその時点で気付いていなくて異議を出さず次の訴訟行為を行なっていても大丈夫ですよ。
気付かなければ異議を出しようがありませんから。
ただ、気付いた時、すぐに異議申立をしなさいということです。
気付いていながら異議も言わず若しくは、許したのであれば治癒、放棄したと看做されます。


>法務省に指定書の件を問い合わせましたところ…

法務省だからといって、本当の回答をしているとは限りませんよ。
裁判所と法務省なんて、それこそ同じ穴の狢です。
法務省職員の中にも一部の職員で、嘘の説明をするよう指示を受けているのがいるんです。
その説明をした職員の名前も聞いておいたほうが良いと思いますよ。

名乗らないのが多いですが、名乗っても嘘の名前を言ったりします。平気でsign03

国家公務員は私達より嘘つきですよ。cat

投稿: 黒猫 | 2009年11月30日 (月) 14時39分

黒猫様
>国家公務員は嘘つき

そうですね。
今年の6月8日と9日にかけて横浜地方裁判所第一民事部に電話を掛けて「訴訟無能力者に特別送達できるか」と問い合わせますと「民訴102条の解釈の違い」との返答が有り、もう少し詳しく聞こうとすると弁護士に聞くようにと言いました。翌日若林真吾書記官に同じ質問をしますと「できますよ~、訴訟無能力者だと裁判所が知らない時は」とこたえましたので、知っている場合は?と聞きますと「できます。送達を受け取るのは本人ではなくて親が受け取るから、かまわない。親に送達したのと同じ事になる」と答えますので、民訴102条ではできないと規定されているといいますと「だから訴訟になっているのでしょ。裁判で言えば・・・」と大嘘をつきました。

投稿: バイオレット | 2009年11月30日 (月) 15時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530448/46844341

この記事へのトラックバック一覧です: 恐怖の代表電話受付係:

« 責問権の行使 | トップページ | 異常な東京地検! »