« あっ!黒い線が…(その2) | トップページ | 私の知らない期日が存在している! »

調書の内容に矛盾がいっぱい!

search調書の記載内容に矛盾がいっぱいですsign03

dangerたとえば、次回○月○日までに求釈明に対する反論を出せと記載されているのに、書面上の日付は、次回○月○日より1ヶ月も前に出されたことになっている。

danger上記のとおり、次回○月○日より1ヶ月も前に出されたことになっているからと調書を丹念に追跡していくと、次回期日の次の次の月に、再度、求釈明に対する反論を出せと記載されている。

dangerでは、次回○月○日より1ヶ月も前に出されたことになっているはずの書面は、本当に裁判所に提出されていたのか。

こればかりではないsign01

danger準備書面についても同じように調書に記載された提出指示内容と実際の準備書面の提出日や書面番号がチグハグで、何度照らし合わせても一致しない。

それはまるで、あわてて今現存する準備書面と、その日付に合わせて調書に新たに付け加えたのではないかという疑惑を生じさせるくらいチグハグだsign02

danger三島恭子裁判官が認印を押印した後、勝手に書記官が調書に新たに付け加えたのか。

danger三島恭子裁判官が移動した後であれば、調書に付け加えることも可能である。

あっちとこっちの弁護士達は、不正裁判を成功させる目的であの時、あっちかこっちの弁護士が特に親しくしている裁判官を静岡地裁に移動させ、私の事件を担当させようと企てていた…shadow

あの時down

http://sinnjituhakokoniari.cocolog-wbs.com/blog/2009/09/post-e1af.html

これを裏付けるように、こっちの弁護士を解任した後、私は数回、期日に出席したが、当時、これらの陰謀を知らなかった私でさえ、あっちの弁護士と新しく担当になった裁判官が妙に妙に親しいと悟ったのだから…

それはまるで先輩、後輩を感じさせる雰囲気であって、事件で頭がいっぱいの私でさえ読取れるほどの空気であった…

いつもはKYなのに…( ̄◆ ̄;)

|

« あっ!黒い線が…(その2) | トップページ | 私の知らない期日が存在している! »

裁判所の不正」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530448/46366762

この記事へのトラックバック一覧です: 調書の内容に矛盾がいっぱい!:

« あっ!黒い線が…(その2) | トップページ | 私の知らない期日が存在している! »