« 後任弁護士達の罠!(その1) | トップページ | 最高裁判例 »

もうすぐ鬼ヶ島へ…!

typhoonもうすぐ鬼ヶ島へ…typhoon

でも、肝心な悪鬼が今週中に島を追い出されるようですねsign02

ただいま、せっせときびだんご作っております

  きびだんご down     

         memomemomemosweat01

|

« 後任弁護士達の罠!(その1) | トップページ | 最高裁判例 »

その他」カテゴリの記事

コメント

黒猫様 こんばんは。
結審(判決は12月18日)した裁判記録の閲覧を7階民事1部書記官室で申し込みましたが、担当書記官が不在で一応別の書記官が担当書記官の後ろのロッカーから書類を出したのですが、そのまま奥の部屋に行き、戻ってくると、9階の総務で閲覧の手続をするように指示されました。
9階の総務で用紙に事件番号等を記入し150円の収入印紙を渡しました。
かなり待たされて見ることができましたが、150円の印紙は返却されました。
私は、書記官室に閲覧するテーブルと椅子があったのでその場で見せてもらえるものとばかり思っておりましたのに9階の総務で手続が必要とは以外でした。
黒猫様の場合は、どうでしたか?

投稿: バイオレット | 2009年10月23日 (金) 19時45分

追伸
10月16日の3回目弁論終結日の調書が無いことと、2回目弁論調書に真っ赤な嘘が書かれておりました。
それから、通し番号がふられていないので、いくらでも後から記録の改竄ができます。

投稿: バイオレット | 2009年10月23日 (金) 23時48分

バイオレット様、こんばんは。
私の場合は裁判官忌避で東京高裁でしたが、17階に事件受付があって、その隣に閲覧室があります。
閲覧室の申し込み用紙に事件番号やその他を記入し、係りの人が第9民事部に連絡した後、閲覧室までカートに乗せて持ってきます。謄写専門の方もいましたよ。
ただ、不審に思ったのは他の人の記録は私より遅く閲覧を申し込んでいるのに、その人のほうがとても早く閲覧室に届くのです。
私の記録はいつもとても遅いのです。
3倍くらい遅かった…
そこで、どうも私の裁判官忌避事件は不正に操作されているため、第9民事部の鬼丸書記官が私の記録だけ別の場所に隠しているからそれで遅くなるのかと推測していましたね。

静岡地裁での閲覧では、担当書記官に閲覧を申し込み、書類に記入した後、同じ部屋の隅に閲覧専用のテーブルと椅子があるので、いつもその場所で閲覧していましたよ。
悪徳書記官が後ろにピッタリ張り付く異常な形でしたが…shadowsweat01

それと、最高裁では裁判官忌避の決定の原本の閲覧に行きましたね。
最高裁の入り口の守衛所のところに最高裁の内部の人から私宛に電話が入って、なんだかんだと訳の解らないことを長々としゃべるんです。
私の決定なんて最高裁で作成しておらず、静岡の解任した弁護士が作成しているので原本なんて最高裁に存在していないわけよ。
で、私がいきなり原本見せろって来たからあわてて偽決定を作成するのに時間稼ぎしていると直感的に感じましたね。

印紙代は、判決がまだなら無用だと思います。判決の後なら印紙代が150円いるようですね。

まあ、不正な裁判の特徴は、記録が人目に付かない場所にしまってあるので閲覧でもなんでも通常より時間がかかるんでしょうか!

記録が用意されるのも時間がかかって、しかも総務で手続きって…おかしくないですか?
はじめて聞きますね…??cat

投稿: 黒猫 | 2009年10月24日 (土) 00時02分

調書の記載内容が違っていた場合は、異議申立てが出来ます。
書記官が訂正しなかった場合でも、書記官は異議があった事実を調書に記載しなければなりません。

3回目の調書はもう記録されていてもよいはずですよね。

今月末までにはすべての調書を謄写しておいたほうがいいと思いますよ。cat

投稿: 黒猫 | 2009年10月24日 (土) 00時20分

口頭弁論された三日後に謄写申請をしました ところが裁判長が記録を家に持ち帰り無いとのこと。
この訴訟の被告は答弁書も出さず代理人が一回期に出席して否認 その後の二、三回期は代理人も出ない こちらは準備書面3までだしたのに被告からの書面は皆無 これでも敗訴となりました。
自虐の控訴をしたが被控訴人は答弁書も代理人も出さず やはり控訴棄却でした。
結局は被告の生死も解らない幽霊相手の訴訟で敗訴したのです。
この控訴審の二日後に謄写申請をした ところが裁判長が家に持ち帰り無いとかで適わなかった こんなもの持ち帰る程のものもなく 嫌がらせでしょうが 或は細工目的かも。

謄写申請は何度もしていますが 何時も待たせたり延されたりして見せたくない様子は見え見えです。
謄写の成果として・・同じ被告を二度も公示送達させてた ところが同じ筈の裁判手続が違い 調書の「陳述」が裁判長で異なる これらは自由心証主義が入り込む余地はない。

この手続違肯を嬉々として被告・裁判長を国賠に提訴した やはり国は面食らって答弁書は「追って認否」拙速で結審・敗訴でしたが面白かった しかし訴額を700万にしたのが反省点です。

八王子支部から立川支部に移り便は悪くなったが自分で謄写できる方式で謄写代は安くなりました 因みにA4で検察は70円 地裁40円 立川支部では20円
来週にまた立川支部で謄写をするのですが この元判決は9年前に確定したもの 5年で廃棄となるのですが4年前のこの訴訟記録を証拠に提訴しており保存期限は来年まであります。

刑事も民事も裁判とはインチキ・イカサマです 懲り懲りですが刑事も民事も再審を抱えていてうんざりです。

投稿: 確信犯の無罪主張 | 2009年10月24日 (土) 14時34分

訂正です HNは無罪主張でなく冤罪主張です 無罪主張では月並で矜持となりません。
それからA3紙も20円です 綴じているのを複写するのできれいには撮れません。

調書の誤記載や改竄事実の異議申立をするのは次回期までにしなければ治癒されたものとして認められません これも当然におかしい。

投稿: 確信犯の冤罪主張 | 2009年10月24日 (土) 17時26分

確信犯の冤罪主張さま。
あなたの裁判も裁判所の組織的な犯罪の可能性があるように思えます。

book裁判所の職員等による不正や不当な扱いに対しては、別途下記の方法をお勧め致します。

簡裁、地裁、高裁、最高裁に対して裁判所法82条に基づいて、最高裁以外の簡裁、地裁、高裁に対しては裁判所法82条の他に下級裁判所事務処理規程第21条に基づく申立てを書面で各裁判所の総務課に提出します。
持参した時は証明でももらった方が証拠になりますね。
または各裁判所の所長、長官宛に書留や内容証明で郵送しましょう。
郵便控えは保存すること。
書留追跡結果をプリントアウトしておきましょう。

typhoon私は上記を実行しましたが、裁判所と郵政が結託してこの手続きを妨害しています。

上記手続きは、司法行政扱いですし電話でも裁判所に確認済みです。

裁判所の不正には民訴法以外に上記の方法を行なうべきです。

下級裁判所事務処理規則第21条に基づく申立ては、宇都宮の弁護士が、当時、宇都宮裁判所の園尾隆司所長に対して行なっています。

裁判官園尾隆司と検索すると詳細が表示されるかもしれません。
園尾裁判官は、このあと静岡地裁の所長になっています。
この園尾裁判官に関しては、私の事件にも深く関係しているようです。
後日、ブログで記事にしましょう。cat

投稿: 黒猫 | 2009年10月24日 (土) 18時51分

追加です。

下級裁判所事務処理規則や裁判所法は、裁判中に使えるものかと思います。
終了している裁判では使えないかも…cat

投稿: 黒猫 | 2009年10月24日 (土) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530448/46532648

この記事へのトラックバック一覧です: もうすぐ鬼ヶ島へ…!:

« 後任弁護士達の罠!(その1) | トップページ | 最高裁判例 »