« 朱肉とインクの違い | トップページ | 不正裁判に郵政が加担(1) »

公文書とは言えない!

mobaq公文書とは?

onebook 公務員がその権限に基づいて職務上作成した文書をいう。

twobook 公文書については、真正に成立したものと推定される(民事訴訟法228条2項)

threebook 文書が真正に成立したとは、文書が、ある特定人の意思に基づいて作成されたこと(偽造でないこと)をいう。

fourbook その記載内容が当該事実の証明に役立つこと(実質的証拠力)が必要であるが、その前提として、文書が真正に成立したものであること(形式的証拠力)が必要である(民事訴訟法228条1項)

pen実質的証拠力を主張するには、前提として形式的証拠力が必要である。

    ↑                         ↑

記載内容が事実の証明に役立つこと     文書が真正に成立したものであること

danger 裁判所は、「決定本文」と「これは正本である」に使用した印刷機がそれぞれ違う事実と、押印が下で印字が上になっている事実に、どれほどの形式的証拠力があるというのか?

danger 裁判所は、このような決定文と認証文をあたかも真正な公文書のように見せかけ、さらにその送達に郵政が加担し、郵便物としての適正な扱いをせず、私達に郵送するのであるsign03              

                                                 

|

« 朱肉とインクの違い | トップページ | 不正裁判に郵政が加担(1) »

裁判所の不正」カテゴリの記事

コメント

ブラボー 胸突き八丁 壊す正念場 憲政以来の司法維新の大きなうねりが見えてきた。

圧倒的強者に立ち向かう高揚で立ち上げたものの 賞讃も非難も嫌がらせすらもない気味の悪さに閉鎖を宣言した 期待したカーテンコールもない 巨悪への告発は燎原の烽火の如く拡がり 一挙解決と甘い予断は大外れでした
この背景にはお粗末名損事件の公益性云々があるが 私的な怒りを伴わない公憤なぞなく冤罪・誤判主張には定型化されたパターンはない
自分なりの矜持と被害者意識が裏表になり 当方の語り(報復)に流れが生まれた
警察・検察・裁判所の鉄のトライアングルに迷い込んで 奴らの敵愾心を挑発した謀叛は自負している
悪辣司法の流れを変える公益性という正義性の他に わが法則の「幸運」という絶対的な価値が加わった これが粗暴犯や恐喝犯の場合は話が全く変わってくる 名損での投獄は人権侵害提起として最上だ 言い古された表現ですが 世の中のさまざまな矛盾を解決する為の根底的な指針は人権であり 他者への想像力にあるのではないでしょうか。
当方が如き浮浪者にも尊厳はあり 運動(支援活動)や外圧(マスコミ・政治力)がなければ 公正な裁判が受けられず被害者弁償もされない 拉致事件ばかりが人権問題ではない 人権は経済的に保障されて始めて人権になる。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp

投稿: 流浪の民の乱 | 2009年8月 8日 (土) 19時07分

帝銀事件の有罪証拠は三通の検事面前調書です。
この調書は会ったこともない支部長検事の創作であり偽造です 
鑑定でも平沢氏本人の署名であるのは否定されており 指印・・これも捏造されたものです。
この写真を見ましたが紙は変色・劣化していますが この朱肉の色は全く褪せていず異様な感じを受けました。
帝銀事件に関する書籍は多く誰の著作かは解りませんが図書館で探してみます。
http://suihanmuzai.web.infoseek.co.jp/kensatukant.jpg.html

投稿: 流浪の民の乱 | 2009年8月 8日 (土) 23時34分

おはようございます。

黒猫さんに出会わなかったら、このようなことに気がつくこともなかったかもしれませんが、次々と明らかになる事実を自分で実感し、この恐るべき実態を確信しています。

おかげ様で、私の事件も新たの視点から追及できそうです。

投稿: ろーずまりー | 2009年8月 9日 (日) 08時53分

流浪の民の乱様
私は、刑事裁判のことはよく解りませんが、裁判が全く信用できない事実は、民事はもとより、刑事事件では更に苦労が多いことになります。
冤罪というのは大変な人権侵害ですよね。
今までに行なわれた裁判(刑事・民事)のなかで、印と印字が逆になった認証文は一体どれだけの数になるのでしょうかね。
私は、自分の裁判を通して目からうろこでした。一番信頼できて、一番公平な所で、どこよりも正しく善悪が判断される場所が裁判所だと信じていたから。 
それが全く逆で、一番信用できない場所でした!裁判所、検察庁、警察、弁護士、検察審査会は、悪徳ペンタゴンですimpact
実は、日本の国って、恥ずかしい国だったんですねcat

投稿: 黒猫 | 2009年8月 9日 (日) 09時31分

ろーずまりー様
おはようございます。
本当ですかsign01よかったですwink
ブログに記載している事は、まだほんの一部です。
これからもっとすごい事実が…typhoon
実際に行なわれている手口として知っておいたほうが勉強になります。
今は裁判所編ですが、弁護士編、検察庁編、警察編と続きます。
これら全てに日本郵政が関与してきます。cat

投稿: 黒猫 | 2009年8月 9日 (日) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530448/45869457

この記事へのトラックバック一覧です: 公文書とは言えない!:

« 朱肉とインクの違い | トップページ | 不正裁判に郵政が加担(1) »