« 朱肉と複合機印刷の関係 | トップページ | 公文書とは言えない! »

朱肉とインクの違い

search「これは正本である」に使用されている書記官印は、朱肉インクか検証してみました。

 bookインクは滲みやすく印影の細部が潰れやすいが、朱肉は滲まないので印影の細部まで鮮明。     

 bookインクは時間の経過と共に色褪せするが、朱肉は劣化しにくい。

 book朱肉インクは使用目的に合わせて使い分ける。

one書記官印のアップ画像です。

Pict0008 どこも、まんべんなく均一に付いているようです。                

                                              

                

Pict0009 さらにアップすると、周り全体に滲みが出ているようです。

マジックなんかで書いたとき、材質によって周辺が滲む場合があります。

それとよく似ているような感じですが…

Pict0001よく滲む性質があるようで、紙の凹凸部分にもムラなく入り込んでいます。                                      

                                       

two弁護士印のアップ画像です。

Pict0007肉眼では、色も感じも朱肉のように見受けました。

あまり、均一に付いているとは言えないようです。               

                                                            

Pict0010

Pict0011 濃い部分や、薄い部分があって付き方が均一とは言えないです。

しかも、濃度があるように感じとれます。

Pict0016

←やはり、濃度が高いせいでしょうか、紙の凹凸部分に入り込めない部分があります。

ご存知のように、朱肉は固形物ですから、紙に押印したときは、このような付き方をするようです。

pencilやはり、「これは正本である」の書記官印はインクと呼ばれるものでしたsign03

pencil私のは、静岡地裁から東京高裁まで全て「インク」を使用した書記官印ですが…sign02

pencil「これは正本である」という書記官の認証は、宅配の認印程度の価値だったとでも…crying                                                                                                   

そりゃ、そうですsign01

活字の下から「赤インク」が出てくるような公文書じゃ、なんの法的効力もありませんからねっimpact

無効を申立てます\(*`∧´)/

|

« 朱肉と複合機印刷の関係 | トップページ | 公文書とは言えない! »

裁判所の不正」カテゴリの記事

コメント

ふ~ん 確かに銀行や公の場での捺印は朱肉です また捜査機関などでの指印は油性を帯びた墨でこれが中々取れにくい 先日も白バイに違反切符を取られたが取り出したのはスタンプ台ではなかった。

保存を目的としているから朱肉なのです
公文書 朱肉 化学インク・・・ 検索してよく理解できました。

投稿: 流浪の民の乱 | 2009年8月 7日 (金) 07時57分

流浪の民の乱様
インチキ証拠を出来るだけ早く消そうと、劣化を考え、ワラ半紙と赤インクのセットで使用されているのでしょうかね。
こんな文書を作成している国家公務員も科学インク同様、劣化しています。
まったく、私達をバカにしています!cat

投稿: 黒猫 | 2009年8月 7日 (金) 09時08分

インクと朱肉の違いが、はっきりとわかります。
もしかしたら、朱肉の上には、印刷のインクが乗りにくいのでは?
試してみる価値があるかもしれませんね。

投稿: ろーずまりー | 2009年8月 7日 (金) 22時29分

ろーずまりー様
当たっているかも知れませんflair
朱肉は、3~4日経過しても乾きにくいということです。また、パラフィン紙で偽造という点も含め押印した後、ティッシュで必ず余分な朱肉を吸い取っておくことが重要です。
インクは、最近では速乾性インクが出回っており、5~10分で乾くそうです。
また、朱肉に含まれている油分ですが、その油のせいでトナーが乗りにくいことは確かに考えられますよね。
最高裁のが朱肉っぽいけど、極端に薄い印影であるのは、その理由からでしょうね。
上に印字するには、朱肉は不都合が多いのでしょう。
それで、コソコソと薄~く押して!cat

投稿: 黒猫 | 2009年8月 7日 (金) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/530448/45856302

この記事へのトラックバック一覧です: 朱肉とインクの違い:

« 朱肉と複合機印刷の関係 | トップページ | 公文書とは言えない! »